セルチャー豊胸(コンデンスセルチャー豊胸) | ジョウクリニック 大阪・梅田院

セルチャー豊胸

セルチャー豊胸/特徴

「再生医療」幹細胞による
極めて定着率の高い
脂肪注入

定着したものは
自分のカラダの一部に♪
豊尻も可能です!

自分の脂肪・細胞で
しっかり豊胸したい方
にオススメ!

痩せ型などの理由で
他の脂肪注入豊胸が
難しいと言われた方にオススメ

脂肪吸引・注入
ボディラインデザインの
ベテラン医師の施術

セルチャー豊胸/特徴

セルチャー豊胸/特徴

シリコンやヒアルロン酸は
感触が気になる、
自分の脂肪の感触の胸に
こだわりたい
という方

セルチャー豊胸/特徴

なるべく豊胸がバレたくない方、
異物を入れるのが心配な方

セルチャー豊胸/特徴

痩せ型などの理由で、
他の脂肪注入豊胸が
難しいと言われた方

セルチャー豊胸/特徴

インプラント(バッグ)など
異物を入れることで、
マンモグラフィーなど乳がん検診
できなくなるのが心配な方
(セルチャー豊胸は、問題なく検診を受診できます)

セルチャー豊胸/予約

セルチャー豊胸/セルチャー豊胸について

セルチャー豊胸/再生医療豊胸術

セルチャー豊胸は、胸以外についている自分の余分な脂肪を吸引し、胸やお尻に注入する施術です。

注入する脂肪に培養した自分の幹細胞を添加することで注入した脂肪内の血管の造成を促進し、生着率を格段に上げる施術です。 定着率が高く、脂肪を吸引する量が少なくて済むため、痩せ型の方でも施術を受けていただきやすい脂肪注入豊胸術です。

細い、カニューレと呼ばれる管を使用して注入するため、傷口が非常に小さく、感触も自然でバレにくい豊胸術の一つです。使用する脂肪は「お腹」「太もも」「二の腕」「お尻」など、気になる部分の脂肪を使用するため、部分痩せもできます。脂肪吸引・注入の施術経験が豊富な医師がしっかりと丁寧に「脂肪吸引」「脂肪注入」をセットにして美しいボディラインを作ります。

セルチャー豊胸/カニューレ

セルチャー豊胸/「脂肪幹細胞」を培養・添加

私たちの体の中に存在する膨大な数の細胞。細胞は毎日私たちの体の中で生まれ、死んでいきます。
そんな失われた細胞を作り出し、新しい細胞として補充する役割を担うのが「幹細胞」と呼ばれる細胞です。

幹細胞は、自分と同じ機能を持った細胞を生み出す「自己複製」と、
様々な機能を持った細胞を生み出す「分化」の2つの機能があり、必要に応じた機能を発揮します。
様々な細胞に分化する幹細胞は、皮膚や脂肪や血管などを作る細胞を作り出し、体の老朽化した部分を修復したり、傷を治したり、血管を作り出したりします。

注入した脂肪に幹細胞を添加することで「体の組織を作り出す幹細胞」の力を利用し、脂肪の中に血管を生み出すのを促進して脂肪を「生きた組織」として定着しやすくするのがこの「セルチャー豊胸」です。
採取した脂肪を濃縮し、幹細胞の含有率の高い脂肪を注入することでより定着率が高く、しこりや脂肪壊死などのトラブルのリスクの低い施術が可能になりました。

セルチャー豊胸/セルチャー豊胸について


セルチャー豊胸/2回に分けた施術

セルチャー豊胸は、「幹細胞を培養するための脂肪採取」「胸に注入するための脂肪採取」2度の脂肪採取が必要な施術です。 1度目に脂肪を採取してから、1ヶ月ほど幹細胞の培養のためのお時間をいただきます。
2度目に採取した脂肪をコンデンスリッチ法、もしくはピュアグラフトにて精製、凝縮し、1度目に採取した脂肪より培養した幹細胞を添加してお胸に注入いたします。

セルチャー豊胸/定着した脂肪が自己組織

脂肪幹細胞注入はヒアルロン酸豊胸とは違い、定着した脂肪が自己組織となり「自分の体の一部」となる施術です。「セルチャー豊胸」は「脂肪幹細胞豊胸」よりも定着率が高く、自分の体として残る脂肪の量が多い豊胸術です。
手術の直後は腫れによって一時的に大きくなり、脂肪の一部は体に吸収されていきますが、セルチャー豊胸は非常に定着率が高く、最終的に注入した脂肪の70~90%程度が自分の体として残ると期待されます。

「脂肪注入系施術」定着率の違い

セルチャー豊胸/定着率の違い


脂肪注入豊胸には様々な種類がありますが、最大の違いは「脂肪の生着率・定着率」です。
注入した脂肪を生着させ、自分の体の一部にするためには「脂肪の純度」「脂肪の鮮度」「幹細胞の含有率」が大きく影響してきます。 脂肪の純度を高め、幹細胞を多く含有させるための様々な脂肪の加工方法がありますので、ご希望やご予算に合わせてお選びください。


セルチャー豊胸/再生医療

今、注目を浴びている「再生医療」

美容医療業界においても、その存在が注目されています。
そのため、近年では「幹細胞」を冠した様々な治療が新しく開発されていますが、公的な許可やエビデンスのない効果の疑わしい治療なども蔓延しつつあるのが現状です。

実は「幹細胞」を利用する「再生医療」はどこのクリニックでも行っていいわけではなく、治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制を厚生労働省に厳しく審査され、「再生医療等提出計画番号」を取得した機関のみ。

ジョウクリニック銀座院は
第二・三種再生医療等提供計画番号取得済施設
です。

セルチャー豊胸/セルチャー豊胸について

※一口に「再生医療」といっても、様々な種類があります。「第一種再生医療」は「iPS細胞」や「ES細胞」を使用したり、細胞を採取した本人以外の細胞や動物細胞を利用する高リスクな、研究機関や高度治療などで行われる再生医療。
「第二種再生医療」は幹細胞の培養や採取した幹細胞を応用して使用する施術など、
「第三種再生医療」は幹細胞の培養を行わない、同じ利用方(相同利用)の幹細胞移植などを指します。

セルチャー豊胸/セルチャー豊胸について

ジョウクリニック銀座院では培養した幹細胞を利用して行う「第二種再生医療」の施術と、幹細胞の培養はせず、抽出したもので施術を行う「第三種再生医療」の施術をお受けいただけます。
セルチャー豊胸は、セルソース社の培養技術を用いているため、「第二種再生医療等技術」に該当します。


「脂肪吸引の匠」による採脂
体に負担のかからない内腿からの採脂がオススメ


使用する脂肪の量によって、一部位から吸引する場合と複数部位から吸引する場合がございます。
体への負担、仕上がりなど様々な要素を加味した上で丁寧に脂肪を吸引いたします。
脂肪注入に適した脂肪は「お腹」「臀部(お尻の下部)」「太もも」といわれており、この位置の脂肪は比較的、脂肪を定着させる幹細胞の含有率が高いと言われています。
この中でも、お腹や臀部は意外と皮下脂肪の量が少ないため、安定して豊胸に必要な量の脂肪が採れる内腿からの採脂をオススメしております。
もちろん、1箇所から無理に採脂をすることはなく、患者様の脂肪の付き方や左右のバランスを考慮し、美しい仕上がりになるよう採脂をいたします。

セルチャー豊胸/採脂

セルチャー豊胸/施術の流れ

1. カウンセリング

当院では、カウンセラーによるカウンセリング、医師によるカウンセリングのダブルカウンセリングを行っております。
患者様のご希望にできるだけ寄り添い、美容的、医学的な根拠を元に、より良いプランを提案させていただきます。
患者様の骨格や脂肪の付き方、ライフスタイルに合わせて施術をカスタマイズいたします。
患者様にご納得いただけるよう、丁寧にご説明いたします。

セルチャー豊胸/施術の流れ

2. 幹細胞培養用の脂肪を採取

幹細胞培養のために必要な量の脂肪を採取します。
注入用ではなく、培養の元となる量ですので非常に少量(20ml~程度)で、体への負担も非常に少ないです。
ごく少量の脂肪吸引ですので、基本的に局所麻酔にて施術を行います。(静脈麻酔もお選びいただけます)
基本的に幹細胞の豊富な脂肪細胞のある「腹部」「臀部」「太ももの内側」より、状態の良い位置から吸引いたします。

セルチャー豊胸/施術の流れ

▼▼▼ 約1ヶ月 ▼▼▼

3. 施術前診察

施術前に、お体が注入を受けていただける状態かを診察いたします。
前の診察時から変わった部分などございましたら気軽にお申し付けください。
気になることがございましたら、どんな些細な事でも気軽にお聞きください。

セルチャー豊胸/施術の流れ

4. 採脂部分・豊胸部分のデザイン

カウンセリング・診察で決まった採脂位置を確認し、どこからどのように採脂をするかをマーカーでマーキングしていきます。
基本的に、内腿からの採脂の場合が多いです。
同時に、豊胸する部分に、採脂した脂肪をどのように注入していくかのデザインをマーカーでマーキングしていきます。

セルチャー豊胸/施術の流れ

5. 採脂

脂肪の鮮度が定着率に大きく影響してくるため、採脂と注入は短時間で行います。
「カニューレ」と呼ばれる細い管で、太ももなどムダな脂肪の付いている場所から採脂していきます。


セルチャー豊胸/施術の流れ

6. 加工

コンデンスリッチ法またはピュアグラフト法にて脂肪を精製・加工します。
その後、加工した脂肪と、培養した幹細胞を混合します。
脂肪吸引と並行しながら脂肪の加工を行います。

セルチャー豊胸/施術の流れ

7. 注入

コンデンスリッチ法またはピュアグラフト法にて幹細胞を添加した脂肪を、胸に注入していきます。
吸引した脂肪を注入するためのカニューレ(注入用の細い管)を挿入するのは豊胸の場合はワキの下、豊尻の場合はお尻の谷間からです。
管を通すための2~3mmの傷跡なので、目立ちません。
しこりにならないよう、理想の形に近づけるよう、少しずつ注入する「マルチプルインジェクション」という注入法で、思い通りの胸の形を作り上げます。

セルチャー豊胸/施術の流れ

8. 完成・アフターケア


完成です。ガーゼとテープで傷口を圧迫します。
施術後、回復するまでゆっくりと休憩室にてご休憩ください。当日にご帰宅いただけます。
施術当日は、極力触ったり動かしたりせず、安静にお過ごしください。
術後のケア方法をお伝えし、痛み止めなどを処方させていただきます。
万が一トラブルなどがありましたら、お気軽にご連絡ください。
遠隔カウンセリングなどでご相談いただくことも可能です。



セルチャー豊胸/部分施術 セルチャー豊胸/部分施術

セルチャー豊胸/カウンセリング

セルチャー豊胸/カウンセリング

豊かなボリューム、美しいライン…など、理想とするボディラインは人それぞれ違います。
体のラインが不自然にならないように、患者様のご希望に添えるよう、自然で美しい形を作り出すため、しっかりとしたカウンセリングをおこないます。

セルチャー豊胸/カウンセリング

セルチャー豊胸/予約

セルチャー豊胸

セルチャー豊胸/予約

セルチャー豊胸

セルチャー豊胸/特徴

「再生医療」幹細胞による
極めて定着率の高い
脂肪注入

定着したものは
自分のカラダの一部に♪
豊尻も可能です!

自分の脂肪・細胞で
しっかり豊胸したい方
にオススメ!

痩せ型などの理由で
他の脂肪注入豊胸が
難しいと言われた方にオススメ

脂肪吸引・注入
ボディラインデザインの
ベテラン医師の施術

セルチャー豊胸/特徴

セルチャー豊胸/特徴

シリコンやヒアルロン酸は感触が気になる、
自分の脂肪の感触の胸にこだわりたいという方

セルチャー豊胸/特徴

なるべく豊胸がバレたくない方、
異物を入れるのが心配な方

セルチャー豊胸/特徴

痩せ型などの理由で、
他の脂肪注入豊胸が難しいと言われた方

セルチャー豊胸/特徴

インプラント(バッグ)など異物を入れることで、
マンモグラフィーなど乳がん検診
できなくなるのが心配な方
(セルチャー豊胸は、問題なく検診を受診できます)

セルチャー豊胸/セルチャー豊胸について

セルチャー豊胸/再生医療豊胸術

セルチャー豊胸は、胸以外についている自分の余分な脂肪を吸引し、胸やお尻に注入する施術です。

注入する脂肪に培養した自分の幹細胞を添加することで注入した脂肪内の血管の造成を促進し、生着率を格段に上げる施術です。 定着率が高く、脂肪を吸引する量が少なくて済むため、痩せ型の方でも施術を受けていただきやすい脂肪注入豊胸術です。

細い、カニューレと呼ばれる管を使用して注入するため、傷口が非常に小さく、感触も自然でバレにくい豊胸術の一つです。使用する脂肪は「お腹」「太もも」「二の腕」「お尻」など、気になる部分の脂肪を使用するため、部分痩せもできます。脂肪吸引・注入の施術経験が豊富な医師がしっかりと丁寧に「脂肪吸引」「脂肪注入」をセットにして美しいボディラインを作ります。

セルチャー豊胸/カニューレ

セルチャー豊胸/「脂肪幹細胞」を培養・添加

私たちの体の中に存在する膨大な数の細胞。細胞は毎日私たちの体の中で生まれ、死んでいきます。
そんな失われた細胞を作り出し、新しい細胞として補充する役割を担うのが「幹細胞」と呼ばれる細胞です。

幹細胞は、自分と同じ機能を持った細胞を生み出す「自己複製」と、
様々な機能を持った細胞を生み出す「分化」の2つの機能があり、必要に応じた機能を発揮します。
様々な細胞に分化する幹細胞は、皮膚や脂肪や血管などを作る細胞を作り出し、体の老朽化した部分を修復したり、傷を治したり、血管を作り出したりします。

注入した脂肪に幹細胞を添加することで「体の組織を作り出す幹細胞」の力を利用し、脂肪の中に血管を生み出すのを促進して脂肪を「生きた組織」として定着しやすくするのがこの「セルチャー豊胸」です。
採取した脂肪を濃縮し、幹細胞の含有率の高い脂肪を注入することでより定着率が高く、しこりや脂肪壊死などのトラブルのリスクの低い施術が可能になりました。

セルチャー豊胸/セルチャー豊胸について


セルチャー豊胸/2回に分けた施術

セルチャー豊胸は、「幹細胞を培養するための脂肪採取」「胸に注入するための脂肪採取」2度の脂肪採取が必要な施術です。 1度目に脂肪を採取してから、1ヶ月ほど幹細胞の培養のためのお時間をいただきます。
2度目に採取した脂肪をコンデンスリッチ法、もしくはピュアグラフトにて精製、凝縮し、1度目に採取した脂肪より培養した幹細胞を添加してお胸に注入いたします。

セルチャー豊胸/定着した脂肪が自己組織

脂肪幹細胞注入はヒアルロン酸豊胸とは違い、定着した脂肪が自己組織となり「自分の体の一部」となる施術です。「セルチャー豊胸」は「脂肪幹細胞豊胸」よりも定着率が高く、自分の体として残る脂肪の量が多い豊胸術です。
手術の直後は腫れによって一時的に大きくなり、脂肪の一部は体に吸収されていきますが、セルチャー豊胸は非常に定着率が高く、最終的に注入した脂肪の70~90%程度が自分の体として残ると期待されます。

「脂肪注入系施術」定着率の違い

セルチャー豊胸/定着率の違い


脂肪注入豊胸には様々な種類がありますが、最大の違いは「脂肪の生着率・定着率」です。
注入した脂肪を生着させ、自分の体の一部にするためには「脂肪の純度」「脂肪の鮮度」「幹細胞の含有率」が大きく影響してきます。 脂肪の純度を高め、幹細胞を多く含有させるための様々な脂肪の加工方法がありますので、ご希望やご予算に合わせてお選びください。


セルチャー豊胸/再生医療

今、注目を浴びている「再生医療」

美容医療業界においても、その存在が注目されています。
そのため、近年では「幹細胞」を冠した様々な治療が新しく開発されていますが、公的な許可やエビデンスのない効果の疑わしい治療なども蔓延しつつあるのが現状です。

実は「幹細胞」を利用する「再生医療」はどこのクリニックでも行っていいわけではなく、治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制を厚生労働省に厳しく審査され、「再生医療等提出計画番号」を取得した機関のみ。

ジョウクリニック銀座院は
第二・三種再生医療等提供計画番号取得済施設
です。

セルチャー豊胸/セルチャー豊胸について

※一口に「再生医療」といっても、様々な種類があります。「第一種再生医療」は「iPS細胞」や「ES細胞」を使用したり、細胞を採取した本人以外の細胞や動物細胞を利用する高リスクな、研究機関や高度治療などで行われる再生医療。
「第二種再生医療」は幹細胞の培養や採取した幹細胞を応用して使用する施術など、
「第三種再生医療」は幹細胞の培養を行わない、同じ利用方(相同利用)の幹細胞移植などを指します。

セルチャー豊胸/セルチャー豊胸について

ジョウクリニック銀座院では培養した幹細胞を利用して行う「第二種再生医療」の施術と、幹細胞の培養はせず、抽出したもので施術を行う「第三種再生医療」の施術をお受けいただけます。
セルチャー豊胸は、セルソース社の培養技術を用いているため、「第二種再生医療等技術」に該当します。


「脂肪吸引の匠」による採脂
体に負担のかからない内腿からの採脂がオススメ


使用する脂肪の量によって、一部位から吸引する場合と複数部位から吸引する場合がございます。
体への負担、仕上がりなど様々な要素を加味した上で丁寧に脂肪を吸引いたします。
脂肪注入に適した脂肪は「お腹」「臀部(お尻の下部)」「太もも」といわれており、この位置の脂肪は比較的、脂肪を定着させる幹細胞の含有率が高いと言われています。
この中でも、お腹や臀部は意外と皮下脂肪の量が少ないため、安定して豊胸に必要な量の脂肪が採れる内腿からの採脂をオススメしております。
もちろん、1箇所から無理に採脂をすることはなく、患者様の脂肪の付き方や左右のバランスを考慮し、美しい仕上がりになるよう採脂をいたします。

セルチャー豊胸/採脂

セルチャー豊胸/施術の流れ

1. カウンセリング

当院では、カウンセラーによるカウンセリング、医師によるカウンセリングのダブルカウンセリングを行っております。
患者様のご希望にできるだけ寄り添い、美容的、医学的な根拠を元に、より良いプランを提案させていただきます。
患者様の骨格や脂肪の付き方、ライフスタイルに合わせて施術をカスタマイズいたします。
患者様にご納得いただけるよう、丁寧にご説明いたします。

セルチャー豊胸/施術の流れ

2. 幹細胞培養用の脂肪を採取

幹細胞培養のために必要な量の脂肪を採取します。
注入用ではなく、培養の元となる量ですので非常に少量(20ml~程度)で、体への負担も非常に少ないです。
ごく少量の脂肪吸引ですので、基本的に局所麻酔にて施術を行います。(静脈麻酔もお選びいただけます)
基本的に幹細胞の豊富な脂肪細胞のある「腹部」「臀部」「太ももの内側」より、状態の良い位置から吸引いたします。

セルチャー豊胸/施術の流れ

▼▼▼ 約1ヶ月 ▼▼▼

3. 施術前診察

施術前に、お体が注入を受けていただける状態かを診察いたします。
前の診察時から変わった部分などございましたら気軽にお申し付けください。
気になることがございましたら、どんな些細な事でも気軽にお聞きください。

セルチャー豊胸/施術の流れ

4. 採脂部分・豊胸部分のデザイン

カウンセリング・診察で決まった採脂位置を確認し、どこからどのように採脂をするかをマーカーでマーキングしていきます。
基本的に、内腿からの採脂の場合が多いです。
同時に、豊胸する部分に、採脂した脂肪をどのように注入していくかのデザインをマーカーでマーキングしていきます。

セルチャー豊胸/施術の流れ

5. 採脂

脂肪の鮮度が定着率に大きく影響してくるため、採脂と注入は短時間で行います。
「カニューレ」と呼ばれる細い管で、太ももなどムダな脂肪の付いている場所から採脂していきます。


セルチャー豊胸/施術の流れ

6. 加工

コンデンスリッチ法またはピュアグラフト法にて脂肪を精製・加工します。
その後、加工した脂肪と、培養した幹細胞を混合します。
脂肪吸引と並行しながら脂肪の加工を行います。

セルチャー豊胸/施術の流れ

7. 注入

コンデンスリッチ法またはピュアグラフト法にて幹細胞を添加した脂肪を、胸に注入していきます。
吸引した脂肪を注入するためのカニューレ(注入用の細い管)を挿入するのは豊胸の場合はワキの下、豊尻の場合はお尻の谷間からです。
管を通すための2~3mmの傷跡なので、目立ちません。
しこりにならないよう、理想の形に近づけるよう、少しずつ注入する「マルチプルインジェクション」という注入法で、思い通りの胸の形を作り上げます。

セルチャー豊胸/施術の流れ

8. 完成・アフターケア


完成です。ガーゼとテープで傷口を圧迫します。
施術後、回復するまでゆっくりと休憩室にてご休憩ください。当日にご帰宅いただけます。
施術当日は、極力触ったり動かしたりせず、安静にお過ごしください。
術後のケア方法をお伝えし、痛み止めなどを処方させていただきます。万が一トラブルなどがありましたら、お気軽にご連絡ください。
遠隔カウンセリングなどでご相談いただくことも可能です。


セルチャー豊胸/部分施術 セルチャー豊胸/部分施術


セルチャー豊胸/カウンセリング


セルチャー豊胸/カウンセリング

セルチャー豊胸/カウンセリング

豊かなボリューム、美しいライン…など、理想とするボディラインは人それぞれ違います。
体のラインが不自然にならないように、患者様のご希望に添えるよう、自然で美しい形を作り出すため、しっかりとしたカウンセリングをおこないます。

セルチャー豊胸/予約

セルチャー豊胸

セルチャー豊胸/予約

料金表

VISA, Mastercard, JCB, American Express, Diners Club, NICOS, UFJCard, DC, UnionPay
種類方法金額(税別)
セルチャー豊胸
(コンデンスセルチャー豊胸)
100cc両胸 (片胸50cc)¥1,350,000
200cc両胸 (片胸100cc)¥1,700,000
300cc両胸 (片胸150cc)¥2,000,000
静脈麻酔¥80,000
術前採血¥10,000

よくある質問

[セルチャー豊胸] 大きくサイズアップしたいのですが、セルチャー豊胸でできますか?
基本的に、脂肪注入系施術での豊胸は、片胸で250cc前後が限度となります。
患者様の胸の形や体質などにもよりますが、これは2cupほどアップさせるくらいの注入量だと考えてください。
ただ、それ以上一度に注入してしまうと、皮膚の中で脂肪が窒息してしまい、定着率が低くなってしまったり、しこりなどのトラブルの原因となったりしてしまいます。
脂肪幹細胞注入で大きくサイズアップする場合、脂肪が窒息しないよう皮膚が伸びるのを待ちながら、何度かに分けて注入することで大きくサイズアップさせることが可能です。
セルチャー豊胸ですと、一度の注入で定着量が多いため、一度で2カップ程度の豊胸が可能なことが多いです。
思い通りの胸の形にしたい、一度で大きくサイズアップしたいなどのご要望の場合、インプラント豊胸がおすすめとなります。
[セルチャー豊胸] 注入した分のどれくらいが残りますか?
体質や術後のケアなどによって、かなり差が出てきますが、セルチャー豊胸の定着率は普通の脂肪注入豊胸よりも高く、一般的に70~90%ほどといわれています。
脂肪は、含まれる幹細胞の数によって定着率が大きく変化いたしますので、不純物を取り除き、培養した幹細胞を多く含んだ脂肪を注入しております。
幹細胞によって血管が生成され、血流によって酸素が脂肪に供給されると生着いたします。
生着しなかった脂肪は、分解されて吸収され、体外に排出されますが、稀にしこりなどの原因となる場合があります。
また、一旦定着した脂肪細胞がなくなることはありませんが、脂肪細胞は大きさが変化するため、体重などの増減により体積は変動いたします。
[セルチャー豊胸] 拒否反応などは出ませんか?
インプラント(バッグ)やヒアルロン酸などの異物ではなく、自分の脂肪を注入する施術ですので、拒否反応によるアレルギー反応などのリスクは非常に低い施術です。
ただし、手術ですので副作用等のリスクが全くないというわけではなく、注入脂肪のしこり化、石灰化などのリスクはゼロではありません。
当院では、脂肪の幹細胞含有率を上げ、まんべんなく脂肪を注入するなど、施術技術によってリスク発生を極力抑える施策を行っています。
[セルチャー豊胸] レントゲンなどで豊胸がバレたりしませんか?
定着した脂肪細胞は、自己組織になるためレントゲンなどに映ることはありません。
ただし、万が一しこり、石灰化などをしてしまっていたり、小嚢胞ができている場合は、影のように映りこむ場合がございます。
検診を受ける際には豊胸を事前に申告いただくことをおすすめしております。
[セルチャー豊胸] 妊娠、出産や授乳などに影響は出ませんか?
基本的に豊胸は授乳などには影響いたしません。
授乳に関連するのは、乳腺、乳管などになりますが、基本的に豊胸は乳腺下にヒアルロン酸や脂肪・インプラントを入れる施術となりますので、乳腺や乳管と干渉しないため、授乳などに影響はございません。
[セルチャー豊胸] 痩せ型なのですが、豊胸に使える分の脂肪が採取できますか?
痩せ型と一口にいっても、脂肪の付き方は大きな個人差がございます。どれくらい痩せ型かにもよりますので、まずは診察いたします。
基本的に、セルチャー豊胸では定着率が高く、脂肪加工時のロスも少ないため、痩せ型の方でも受けて頂きやすい脂肪注入施術となります。
全く脂肪のついていない方から採脂をするのは難しいですが、経験のある医師ならではの判断で採脂部位を確認しますので採れない方はほとんどいらっしゃいません。
脂肪の質や付き方にも大きく関係しますので、実際に診察してから判断をさせていただきます。
[セルチャー豊胸] 脂肪を注入することによって、乳がん検診などに影響が出たりしますか?しこりが乳がんになりやすくなったりしませんか?
結論から言うと、ピュアグラフト豊胸ではマンモグラフィー、エコー検査共に影響が出ることはなく、しこりが乳がんになる医学的根拠もありません。

ピュアグラフトでの豊胸は、自身の脂肪ですので検査などに影響が出ることはありませんのでご安心ください。
ただし、ピュアグラフト豊胸で万が一しこりが出来てしまった場合、がんに誤診される可能性がございますので、検査時は事前に医師に申告しておくことをおすすめいたします。

また、ピュアグラフト豊胸のトラブルでできるしこりや石灰は、嚢胞やオイルシストと呼ばれるしこりが炎症を起こし、そこにカルシウムが結びつくことで発生するもので、乳がんとは全く違うメカニズムで発生するものです。 乳がんは乳腺組織である乳管や小葉から発生するもので、注入された脂肪細胞は、基本的にがん化するとは考えにくいといわれています。
[セルチャー豊胸] 脂肪注入後、なんとなく胸に違和感…これってしこり?相談に行ってもいいですか?
お気軽にご相談ください。診察をさせていただきます。
豊胸後、体質などによって術後6ヶ月まではダウンタイムとして一時的なしこりや違和感などが出る場合がございます。
ダウンタイムに関しては術前・術後にしっかりとご説明させていただきますが、説明よりも症状が重い、違和感がある、不安があるなどございましたら、お気軽にお問合せください。診察させていただきます。
アプリを使用し、オンライン診療 させていただくことも可能ですのでご利用ください。

お問い合わせ・カウンセリング予約はこちら

電話問い合わせ 電話問い合わせ 受付:全国共通10:00~19:00

医師・看護師・受付の採用情報はこちら

【募集地区】 ■美容外科医:全店舗(出張可能な方) ■美容皮膚科医:京都・松山・高知・安城 ■看護師:大阪・姫路・松山・高知・那覇・安城・京都 ■受付:大阪・松山・高知・那覇・京都

06-6347-1231 06-6347-1231 受付:全国共通10:00~19:00

当院は、「医療広告ガイドライン」に従い、医師監修のもと掲載しています。

医療機関ホームページガイドラインの対応について当院は、2018年6月に厚生労働省にて改定された医療広告ガイドラインに従いホームページを修正しております。
患者様には、ご不便をおかけ致しますがご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
今後も美容整形外科クリニックとして、厚生労働省指針の医療広告ガイドラインを浸透させるべく、率先して注意していく所存です。
(医療広告ガイドライン:|厚生労働省)

お近くの医院を選んでください。