【女性】目の下脂肪取り術+FGF注入(1ヵ月後)

  • 目もとの若返り
  • 若返り・エイジングケア
  • 目の下たるみ取り術・脂肪取り術
  • 女性
  • 手術
  • 注入・注射
  • その他

症例写真

before
after

担当医師による目の下脂肪取り術の解説動画

施術概要

目の下脂肪の膨らみを適量除去し、同時に脂肪の膨らみの下の凹んでいる部位へは FGF(線維芽細胞増殖因子) の適量注入を行いました。

施術時間 40分〜50分程度
使用する麻酔 点眼麻酔、局所麻酔
( FGF注入...表面麻酔 (麻酔クリーム) 可能 )
術後の通院 【目の下脂肪取り術】
経過診察:1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後

【FGF注入】
通院の必要はございません。
リスク・副作用 【目の下脂肪取り術】
腫れ、白目の充血:1週間程度
痛み:数日間
内出血:1~2週間週間程度しびれ・違和感:術後、一時的で改善します。
術後、自然な状態に落ち着くまで1ヶ月程度かかります。

【FGF注入】
痛み:注入時の疼痛は少しあります。
腫れ:注入による一時的な腫れは、2〜3日程で落ち着いていきます。
内出血:1~2週間程で落ち着いていきます。
発赤:注入直後から、翌日には消失します。
体質などによって稀に膨疹やむくみ、一時的な皮膚の硬化もありますが、時間経過で落ち着いていきます。
(※膨疹=むくみが生じかゆみの強い赤い斑点ができること)
稀にアレルギーが起こる場合があります。
シャワー 【目の下脂肪取り術】
当日より可能

【FGF注入】
当日より可能
洗顔 【目の下脂肪取り術】
当日より可能

【FGF注入】
当日より可能
メイク 【目の下脂肪取り術】
当日より可能

【FGF注入】
当日より可能
入浴 【目の下脂肪取り術】
翌日より可能(施術箇所以外)

【FGF注入】
翌日より可能
施術時間
40分〜50分程度
使用する麻酔
点眼麻酔、局所麻酔
( FGF注入...表面麻酔 (麻酔クリーム) 可能 )
術後の通院
【目の下脂肪取り術】
経過診察:1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後

【FGF注入】
通院の必要はございません。
リスク・副作用
【目の下脂肪取り術】
腫れ、白目の充血:1週間程度
痛み:数日間
内出血:1~2週間週間程度しびれ・違和感:術後、一時的で改善します。
術後、自然な状態に落ち着くまで1ヶ月程度かかります。

【FGF注入】
痛み:注入時の疼痛は少しあります。
腫れ:注入による一時的な腫れは、2〜3日程で落ち着いていきます。
内出血:1~2週間程で落ち着いていきます。
発赤:注入直後から、翌日には消失します。
体質などによって稀に膨疹やむくみ、一時的な皮膚の硬化もありますが、時間経過で落ち着いていきます。
(※膨疹=むくみが生じかゆみの強い赤い斑点ができること)
稀にアレルギーが起こる場合があります。
シャワー
【目の下脂肪取り術】
当日より可能

【FGF注入】
当日より可能
洗顔
【目の下脂肪取り術】
当日より可能

【FGF注入】
当日より可能
メイク
【目の下脂肪取り術】
当日より可能

【FGF注入】
当日より可能
入浴
【目の下脂肪取り術】
翌日より可能(施術箇所以外)

【FGF注入】
翌日より可能

費用

¥250,000
目の下脂肪取り術税込

費用

¥100,000
FGF注入税込

2020年5月現在

担当医師コメント

目の下脂肪の膨らみを適量除去することで、スッキリとしたお目元に若返ります。
同時に脂肪の膨らみの下の凹んでいる部位へは、FGFを適量注入することでご覧の通りの仕上がりに。
凹んでいる部位へはFGF注入かナノファット注入(脂肪注入)がオススメです。
下瞼の裏側からアプローチするため、表面に傷跡も残りません。わずか20分でこの変化。
コンシーラーを使わなくても綺麗な目元になりましたね。

担当医師