彫刻を削るように理想のボディラインを描く脂肪吸引
安全に負担なく極限まで脂肪を吸引するジョウクリニックならではの技術

結果が見える脂肪吸引

ジョウ式脂肪吸引

  • 01

    運動や食事制限
    なくスリムな
    ボディラインを
    作り出す

  • 02

    脂肪細胞の数を
    減らして
    リバウンド
    しにくい体へ

  • 03

    「ダイエットでは
    痩せない部分」の
    脂肪も除去

ご優待メニュー

症例について

ジョウ式脂肪吸引

before ジョウ式脂肪吸引 before
after ジョウ式脂肪吸引 after

ジョウ式脂肪吸引

施術名 【30代女性】腹部全体脂肪吸引(3ヶ月後)
施術概要 脂肪吸引機で気になる部分の脂肪を吸引する施術です。 腹部全体の脂肪吸引を行いました。 安全に負担なく極限まで脂肪を吸引する、ジョウクリニックならではの高度な技術です。
副作用・リスク 腫れ/筋肉痛/内出血/むくみ/拘縮/凸凹/知覚鈍麻/知覚過敏/瘢痕/貧血/血腫/セローマ/感染症
費用 1部位 ¥190,000
別途:麻酔代 2020年6月現在

ジョウ式脂肪吸引

before ジョウ式脂肪吸引 before
after ジョウ式脂肪吸引 after

ジョウ式脂肪吸引

施術名 【20代女性】二の腕脂肪吸引(2ヶ月後)
施術概要 脂肪吸引機で気になる部分の脂肪を吸引する施術です。 安全に負担なく極限まで脂肪を吸引する、ジョウクリニックならではの高度な技術です。また、GLP1ダイエットと複合治療で下半身もスッキリされました。
副作用・リスク 腫れ/筋肉痛/内出血/むくみ/拘縮/凸凹/知覚鈍麻/知覚過敏/瘢痕/貧血/血腫/セローマ/感染症
費用 脂肪吸引(肩+上腕セット): ¥342,000
別途:麻酔代 2020年6月現在

ジョウ式脂肪吸引

before ジョウ式脂肪吸引 before
after ジョウ式脂肪吸引 after

ジョウ式脂肪吸引

施術名 【50代女性】下半身(大腿・臀部 )脂肪吸引|3ヶ月後
施術概要 脂肪吸引機で気になる部分の脂肪を吸引する施術です。安全に負担なく極限まで脂肪を吸引する、ジョウクリニックならではの高度な技術です。
副作用・リスク 腫れ/筋肉痛/内出血/むくみ/拘縮/凸凹/知覚鈍麻/知覚過敏/瘢痕/貧血/血腫/セローマ/感染症
費用 1部位 ¥190,000
別途:麻酔代 2020年8月現在

この施術の
その他の症例をみる

脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、脂肪が多くついている、気になる部位から脂肪細胞を吸引する施術です。

脂肪吸引前後のイメージ

脂肪吸引とは、脂肪が多くついている、気になる部位から脂肪細胞を吸引する施術です。

脂肪細胞そのものを減らし、リバウンドもしにくくなる脂肪吸引は、無駄な時間、神経を使わずに、自分のイメージどおりのラインを手に入れることができる非常に魅力的な痩身術です。

脂肪細胞は膨らんだり縮んだりする細胞。
太ると細胞自体が膨らむため、体積が大きくなり”太った外見”となってしまいます。
普通のダイエットでは、「細胞のサイズを縮める」ことで痩せますが、細胞の数は変わっていないので、細胞が元のサイズに戻ると、容易にリバウンドしてしまいます。
しかし、脂肪吸引は脂肪細胞を吸引し細胞の数そのものを減らすため、見た目がスリムになるだけでなく、リバウンドの可能性も極めて少なくなります。
※個人差はあります。

脂肪吸引前後のイメージ

「ダイエットでは落ちなかった部分を落としたい」「バランスよくスリムに」を叶えます

「ダイエットでは落ちなかった部分を落としたい」「バランスよくスリムに」を叶えます

基本的に、運動や食事制限などの「ダイエット」は体全体のダイエットにはなりますが「部分痩せ」はできません。
ダイエットをすれば全体が痩せる…といっても「ダイエットしても二の腕の脂肪だけが残ったまま……」「体は痩せたのに顔だけはパンパン!」「残ってほしい胸だけが痩せていく……」という経験をされた方も多いのではないでしょうか?
そして「残った部分」まで自力で痩せるのは、非常に困難な場合も多くあります。
そんな場合に効果的なのが「脂肪吸引」
痩せたい部分の脂肪を選択的に除去できるため「この部分だけ残っている」というお悩みの部分のみの「部分痩せ治療」が可能です。
体全体のバランスが良くなるよう、調整しながらの吸引が可能です。

脂肪吸引後のアフターケア施術もご用意しております

脂肪吸引後のアフターケア施術もご用意しております

脂肪吸引にあたって、不安に思う部分は「ダウンタイムの長さ・重さ」ではないでしょうか。
体の中の脂肪を吸引するという性質上、脂肪吸引はどうしても多少の痛みや内出血、むくみや拘縮による凹凸などが起こってしまう施術です。
当院では、そんな脂肪吸引後のダウンタイムを極力短く、軽くするため、施術中の細心の注意以外にも「ダウンタイム軽減」のための処置や施術を行っております。
痛み止めの処方や圧迫の指導など、患者様の術後の負担が極力軽くなるように努めておりますのでご安心ください。
また、高周波を体内に通すことにより発生する「ジュール熱」を利用し、内出血や拘縮等の治癒を早める「高周波温熱治療器」を利用したケアも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

高周波温熱治療

サポート下着のご紹介やカウンセリングなど、術後のサポートも手厚く行います

サポート下着のご紹介やカウンセリングなど、術後のサポートも手厚く行います

当院では術後の仕上がりをより綺麗にするためにサポート下着を着用していただいております。
サポート下着とは脂肪吸引の術後に使用する補正下着です。
サポート下着は出血予防のため、必ず数日はつけてください。
その後も数カ月つけ続けることで、より引き締まってきれいなボディラインの仕上がりになります。
当院ではマレナのサポート下着を推奨しております。
販売も致しておりますのでお気軽にお声かけください。

また、半年~1年後にはさらに身体が引き締まっていきますので、どのように対処すればよいかと不安に駆られる患者様もいらっしゃるでしょう。
ジョウクリニックでは、術後は定期的な検診日を設け、どんな些細な症状であってもカウンセリングをお受けいただけるよう仕組みをもっております。
ジョウクリニックは術後もあなたが満足するまでずっとお付き合いし、サポートしております。
食事や運動の指導なども行っておりますのでご安心ください。

吸引した脂肪を利用した施術もございます

脂肪吸引・脂肪加工・脂肪注入の画像

吸引した脂肪を利用した施術もございます

「脂肪吸引」で吸引した脂肪はボリュームの欲しい部分に注入することも可能です。
「自己脂肪を使用した豊胸」は吸引した脂肪の不純物を取り除き、胸に注入することでバストアップする施術です。
「自己脂肪を使用したエイジングケア」は吸引した脂肪の不純物を取り除き、加齢によって痩せてしまった顔のパーツをふっくらとさせることで若々しさを取り戻す施術です。
自己脂肪なので拒否反応などが起こる心配がなく、生着した部分は吸収されることはありません。

脂肪吸引・脂肪加工・脂肪注入の画像

吸引した自己脂肪を使用した豊胸術

吸引した自己脂肪を使用したエイジングケア

脂肪吸引ができる部位

脂肪吸引ができる部位の画像
  • 運動や食事制限なしに痩せたい
  • ダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまう
  • ダイエットをすると痩せてほしくない部分だけが痩せてしまう
  • ダイエットをしてもバランスの良いボディラインにならない
  • 自分の力だけでは痩せたくてもなかなか痩せられない
  • 太さがコンプレックスになっている部分がある

人それぞれ顔が違うのと同様に脂肪の付き方や筋肉の付き方や骨の形など、体つきもそれぞれ異なります。
なりたいボディラインや理想のスタイルもそれぞれ異なるため、事前のカウンセリングと医師の技術が重要になってきます。
脂肪の取り過ぎは女性らしさを失ってしまったり、脂肪吸引を行った他の部分とのバランスが悪くなってしまったりするため、全体のボディラインを見ながら美しさを考えてデザインしていきます。
当院では、吸引後のラインを想像しながら吸引箇所を決めるので術後の満足度は高い評価をいただいており、リピート率は80%を軽く超えております。
医師の技術・ボディデザインセンスによって結果が違うのが脂肪吸引。
同じ箇所を何度も施術するのは体に負担がかかりますので、一度でしっかりと脂肪を取るように心がけております。
患者様の脂肪の付き方や脂肪の質、体質や生活習慣、すべてを加味して施術をご提案いたします。
手術中は、麻酔が効いているので痛みは感じません。
手術後につきましても、痛みをコントロールしますので安心です。

脂肪吸引ができる部位の画像

顔の脂肪吸引部位の画像
  • 頬のたるみや二重アゴに悩んでいる
  • 短時間でスッキリしたフェイスラインを手に入れたい
  • 口元のほうれい線のシワが気になる
  • 頬のボリュームが大きく、ほうれい線が目立つ
  • ダイエットしても顔の肉だけ落ちない
  • 若々しい印象になりたい

顔には脂肪吸引ができないと思われている方もいらっしゃいますが、骨自体が張り出しているのではなく、脂肪が原因でお悩みの場合には、脂肪吸引法で対応することができます。
顔の余分な脂肪を局所的に吸引することでスッキリとした小顔を実現できます。
目立たないところから吸引いたしますので、ほとんど傷が目立つ心配はありません。
手術中は、麻酔が効いているので痛みは感じません。
手術後につきましても、痛みをコントロールしますので安心です。
※ただし、目の上下や鼻は吸引できません。

顔の脂肪吸引部位の画像

ジョウ式脂肪吸引

独自に開発した脂肪吸引機とカニューレで行うジョウクリニックの技術の粋

ジョウ式脂肪吸引は、独自に企業と開発された吸引機を使った脂肪吸引術です。
先端の丸くなった脂肪以外の組織を傷つけない細い管で吸引します。
細かい部分までしっかり取れると高い評価をいただいています。
安全に負担なく極限まで脂肪を吸引する、ジョウクリニックならではの高度な技術です。
脂肪吸引で大切なのは、患者様のイメージする理想のボディデザインを創造するための技術とセンス。
当院では、美しく見えるデザインを基本に、短時間の手術でたくさんの脂肪を取るオリジナルの技術で理想的なボディラインを作ります。

POINT① 吸引するべき脂肪を選択し、しっかりと緻密に吸引する丁寧な施術

脂肪吸引で大切なのは、患者様のイメージする理想のボディデザインを創造するための技術とセンスです。
いくら最新の装置を使用しても、治療を行うドクターが脂肪吸引手術の知識や技能、理想のボディラインをデザインするセンスを身につけていなければ、患者様の満足いただける治療結果を生み出すことができません。
ジョウクリニックでは、最も美しく見えるデザインを基本に、短時間の手術でたくさんの脂肪を取るオリジナルの技法で理想的なボディラインを作ります。
満足のできる脂肪吸引を行うには、事前に理想のボディラインを詳しく伝えることが重要です。
どのようなボディラインになりたいかをカウンセリング時にお伝えください。

POINT② 先の丸いカニューレ(管)で周辺組織を傷つけずに脂肪を除去

脂肪吸引にはさまざまな部位・脂肪があります。
患者様の負担を少しでも軽減できるよう、それぞれの部位・脂肪に合わせたカニューレを開発いたしました。
吸引する部位に合わせたカニューレを使用することで、的確かつ効率的に脂肪を吸引することが可能です。
また、カニューレは刃や針などの尖った部分がありませんので周辺組織を傷つける可能性が低く、安全に脂肪を吸引することが可能です。

POINT③ “浅層” “中層” “深層” をしっかりと吸引することで高い効果を追求

吸引する脂肪層の説明図

脂肪層は全部で3層あり、経験の浅いドクターが脂肪吸引をすると真ん中の2層目だけにアプローチしてしまい、1層目といちばん深い3層目には到達できないことが多いようです。

当院ではドクターがきちんと3層にアプローチして吸引するため、より緻密かつ徹底的に脂肪を取り除くことが可能です。
よりムラなく脂肪吸引するための特殊な技術で、より一層きれいに、かつ安全にしっかりと脂肪を取り除くことができます。

  • 皮下脂肪は解剖的に浅い層と深い層、その2つの間にある中間層の3つに分かれており、それぞれ性状が異なります。
    この部分を吸引、除去してボディラインを整えるのが脂肪吸引です。
吸引する脂肪層の説明図

脂肪吸引の安全性について

深い層の脂肪は「ダイエットでは落ちない」

浅い層と深い層の脂肪層についてご説明いたします。
まず深い所にある脂肪は、なかなかダイエットでは落ちません。
無理なダイエットを幾度も行い、リバウンドを何度も繰り返すことにより、いくら体重が減って頬がこけ、顔がげっそりするくらいになったとしても、太腿やお腹の脂肪は膨らんでしまいボディラインがどんどん崩れてきます。
なぜなら、大腿部やお腹には痩せにくい深い層の脂肪が存在するためこのような結果を招いてしまうのです。

なぜ起きる?脂肪吸引の事故と原因

麻酔の管理不足による他院事故例

硬膜外麻酔で脊麻全体に麻酔がいきわたり、それに気付かずテストドーズを入れた後に手洗いし戻ってきたら心肺停止していた

術中の操作ミス(手技の問題)他院事故例

腹腔内をカニューレで突いて腸管を傷つけた

以上、上記2例が一番多く報告されています。
つまり脂肪吸引の手術自体の方法はすでに確立されており、手技に起因した事故の原因はほとんど無いのが現状です。
手術中の操作ミスに関しましても、腹腔の手術すべてに起こりうるリスクであり、脂肪吸引特有のものではございません。

脂肪吸引を安心して受けていただくために

これまでご説明してきました通り、脂肪吸引の手術自体はとても安全で、手術による出血も最小限に抑えることが可能です。
ただし、これは脂肪吸引の手術に関するしっかりした知識と多くの経験、そして患者様の全身管理能力を持った医師が行った場合です。
当院では患者様のお身体への負担が最も少ない麻酔を使用しております。
そのため手術中は全く痛みを感じず、術後は1時間程度お休みになれば普通に歩いて帰宅することが可能です。
脂肪吸引の施術について、麻酔についてなど、少しでも気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。
ご安心していただけるよう、詳しくご説明させていただきます。

point

当院で脂肪吸引を
行うメリット

  • 01

    ドクターの技術による
    安全な脂肪吸引

    当院では、安全に負担がなく極限まで脂肪を吸引できるジョウクリニックならではの高度な技術と、持ち合わせた高いデザインセンスで、丁寧にボディラインを形成していきます。
    これまで多くの患者様が来院し、その結果に満足していただきました。

    脂肪の付き方は人それぞれ異なります。
    だから、ジョウクリニックではお一人おひとりに触診を行い、それぞれに合った脂肪吸引を行います。
    きれいにたくさんの脂肪を取るためには、デザイン性やセンスのあるドクターによる施術がベストです。

  • 02

    オーダーメイドの
    「ダブル」カウンセリング

    人それぞれ顔が違うのと同様に脂肪の付き方や筋肉の付き方や骨の形など、体つきもそれぞれ異なります。
    なりたいボディラインや理想のスタイルもそれぞれ異なります。
    そんな、それぞれの体つきや理想のスタイルを見つけるため、当院ではカウンセラーと医師の2段階でのダブルのカウンセリングを採用しています。

    施術内容や、患者様を脂肪吸引した際、どこからどのように取れるかをご説明いたします。
    患者様の脂肪の付き方や脂肪の質、体質や生活習慣、すべてを加味して施術をご提案いたします。

  • 03

    最大限の吸引量を得るために
    独自に開発した医療機器

    ジョウクリニックでは長年にわたる手術経験をもとに、国内外の医療機器メーカーと共同研究開発した、最先端かつ安全の脂肪吸引の機器を導入しております。
    少しでも理想に近づきたい患者様のために、世界的企業とタッグを組み、ジョウクリニック独自の「※カニューレ」を開発しました。
    さまざまな部位・脂肪に合わせたカニューレを開発し、従来よりも負担を抑えダウンタイムの軽減を実現しました。

    • カニューレ…脂肪吸引の際に用いる細い管
  • 04

    患者様目線の幅広い対策で
    痛みや不安を徹底ケア

    ジョウクリニックでは、患者様の痛みを少しでも軽減できるよう、さまざまな対策を行っています。
    完全に無痛状態にするため、全身麻酔もしくは硬膜外麻酔と静脈麻酔のいずれかをオススメします。
    可能な限り出血を最低限に抑え、術後の回復も短縮するため努めて施術を行います。
    また、安全管理も徹底しており、安心して施術を受けていただけます。

    静脈麻酔は、点滴で麻酔薬を注入し、眠っている状態にする麻酔です。
    一般外科手術などでも用いられる方法です。
    施術中は意識がないため、目が覚めたときには施術が完了しています。
    不安感を取り除き、落ち着いた状態で施術を行うことができます。
    硬膜外麻酔は、背中を局所麻酔した後に太い針を硬膜外腔まで進め、この針伝いに直径1mm弱の細い管を硬膜外腔に留置し、この管を通じて局所麻酔薬などの鎮痛薬を注入することによって、末梢神経からの刺激伝達を遮断し、痛みを緩和するという麻酔です。

施術の流れ(カウンセリング〜アフターケアまで)

  1. 01カウンセリング

    問診票を記入いただき、当院の専門カウンセラーによって、カウンセリングを行います。
    その後、医師によって本格的なカウンセリングと診断を行います。
    経験豊富な医師がお客様の悩み・不安・疑問をお聞きし、最適な治療方法を提案します。
    どんなに些細なことでも、お気軽にお話しください。

  2. 02デザイン・マーキング

    カウンセリング後、希望のボディラインをデザインし、マーキングを行います。

  3. 03麻酔

    静脈麻酔のため、術前6時間は絶食していただく必要があります。
    ベッドに寝ていただき、点滴にて麻酔を投与いたします。

  4. 04手術

    術前にマーカーでデザインした通りに吸引していきます。
    術中の施術部位の様子を見ながら、丁寧に吸引します。
    吸引箇所や吸引量によりますが、短い場合は1箇所30分ほど、全身にわたる施術の場合は90~120分ほどの手術時間です。

  5. 05アフターケア

    施術後、回復するまでゆっくりと休憩室にてご休憩ください。
    当日にご帰宅いただけます。
    術後のケア方法をお伝えし、痛み止めなどを処方させていただきます。
    1週間後の抜糸、1ヵ月検診、3ヵ月検診と、複数回の検診で状態をしっかりと確認します。
    万が一トラブルなどがありましたら、お気軽にご連絡ください。
    遠隔カウンセリングなどでご相談いただくことも可能です。
    術後の状態に不安などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

施術のリスク・
副作用について

麻酔 局所麻酔・硬膜外麻酔・静脈麻酔
所要時間 2~3時間程 (※部位により異なります)
洗顔・入浴・メイク シャワー:翌日から可能
入浴:1週間後、抜糸翌日より可能
メイク・洗顔:お顔の脂肪吸引の場合は、傷口を避けて翌日から可能
術後通院 診察・血液検査
抜糸:1週間後
経過検診:1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月後
※通院回数は患部の状態により個人差があります。
術後の経過 注意事項と患者様へのお願いを併せてお読みください。
副作用・
ダウンタイム
強い腫れ:1週間程度
痛み:1週間程度(※筋肉痛のような痛みがあります)
内出血:1~2週間ほどで落ち着きます。
むくみ:3ヵ月程度(むくみのピークは2週間程度)
拘縮:2~3ヵ月程度
凸凹:2~3ヵ月程度(拘縮の改善とともに凸凹も改善します)
知覚鈍麻・知覚過敏:術後一時的で回復します。
瘢痕:シワに沿って目立たない部分で吸引しますが、体質により修正および治療が必要な場合もあります。
貧血:術後貧血症状併発の可能性があります。
血腫・セローマ:血液や浸出液の除去が必要な場合もあります。
※どのような手術でも極稀に、傷口の炎症や感染が起こる可能性があります。
注意事項 仕事への復帰は職種によって異なります。
抜糸まで、ジムやサウナ、飲酒などの血流を活発にする行為はお控えください。
吸引範囲にもよりますが、激しい運動やスポーツは、2週間後くらいから可能です。
術後1ヵ月間の喫煙は極力控えてください。
患者様へのお願い 当院では術後の仕上がりをよりきれいにするためにサポート下着を着用していただいております。
サポート下着とは脂肪吸引の術後に使用する補正下着です。
サポート下着はむくみ・腫れ予防のため、必ず1週間は着用してください。
その後も数カ月、着用し続けることで、より引き締まってきれいなボディラインの仕上がりになります。
当院ではマレナのサポート下着を推奨しております。
当院にて販売も致しておりますのでお気軽にお声かけください。

料金表

体の部位の画像

ジョウ式脂肪吸引

麻酔など

高周波温熱治療

q&a

脂肪吸引全般について

Q脂肪吸引で取れる脂肪の限界はありますか?
A

当然、安全な範囲の量があります。一般的には体重の5%(例.体重60kgの方で3リットル)といわれます。
ジョウクリニックでは身長と体重のバランスをみて量を調節します。
なぜなら、150cm・50kgの方と、179cm・50kgの方が、同じ5%として2.5リットル取った場合、
170cmの方のほうが体に受けるダメージは大きいです。150cmの方のほうが皮下脂肪量が多く、2kgくらいの体重の減りは珍しいものではありません。
反対に、170cmの方が48kgになれば体力にも影響し、生活に支障が出てくることもあるかもしれません。
ですから、各患者様の体型、体力をみて、吸引する部位、吸引量を判断します。
術前検査で貧血の有無の確認も必要です。体重の約7%吸引することもよくあります。

また、手術時間が長いと体に与える負担がかかります。
よく、極細の管しか使用しないと謳っている広告をよく見かけますが、細い管だけで吸引をすればかえって時間がかかってしまいます。
ジョウクリニックでは、深い層では4~5ミリの太めの管でたくさん取り、ムラができないように3ミリの細い管で形を整えていきます。

Qどこでも吸引できますか?
A

できない部位があります。目の上下 (眼球は傷つく危険性があります)と鼻はできませんが、他は指から顔まで吸引できます。
顔の脂肪吸引はできないと思っておられる方がいらっしゃいますが、可能です。

Q脂肪吸引すると太りにくくなりますか?
A

本来、吸引したい部位は太りやすく痩せにくい箇所になります。
太るのは脂肪細胞自体が大きくなることですので、細胞数の変化がなければ理論的に太りにくい体質にはなりません。
脂肪吸引では、その部位をしっかり吸引すれば脂肪細胞自体、数が減りますので太りにくくなります。

Q凸凹にならないのですか?
A

均一に取れていなければ凸凹になってしまいます。
未熟なドクターがムラ取りをした場合や浅い層をたくさん取った場合には凸凹が起こる場合があります。

Qリバウンドは起こらないのですか?
A

「リバウンド」とは、ボールが落ちたときの跳ね返りのことをいいます。
それになぞらえて、ダイエットをしたときに体重が元に戻ることをいいます。
運動や食事制限をしていたダイエットは持続が難しいために元の生活に戻ってしまい、体重も元に戻りやすいですが、脂肪吸引の場合、脂肪細胞自体を取り除きますので現状の生活での努力はありません。
つまり、取り除いた分だけ減り、リバウンドも起きません。
しかし、まれに、脂肪吸引をしたら何を食べてもいい、と食欲を解禁してしまう方がいます。
ドカ食いしてしまったら体重が増えるのは致し方ありません。脂肪吸引しても食事量の適量は守っていただきたいものです。

Q体重は変化しますか?
A

ジョウクリニックでは、ほとんどの方が2000cc以上吸引しますので体重も減少します。
手術直後は麻酔液が体内に入っていますし、腫れもありますので一時的に吸引前よりも増加することがありますが、1か月ほど経過すると減少します。

Qどのような麻酔を使いますか?
A

局所麻酔と生食麻酔・静脈麻酔、部位に応じて硬膜外麻酔を併用します。
痛みに配慮した方法で手術を行いますので安心してお請けいただけます。

Q大量に出血しますか?
A

麻酔液には血管を締める薬が添加されています。
一部分のみの麻酔では出血が抑えられない部分が出てきますが、ジョウクリニックでは脂肪の全層に満遍なく麻酔液を注入するので全層の血管が小さくなり、出血を最小限に抑えることができます。そのため、術後の内出血の出方も少なくなります。

Q術後のケアを教えてください。
A

脂肪吸引は体内の水分の減少がありますので、吸引した量と同量以上の輸液(点滴)をします。
たとえば、3000cc吸引したならば500cc×6本の点滴をしなければなりません。
輸液量が不十分ですと急に血圧が下がって心臓に負荷をかけることもあります。
脂肪吸引の術後には個室でゆっくり、点滴をしながら十分に休憩することが必要です。

顔の脂肪吸引について

Q顔の脂肪吸引後の腫れについて教えてください。
A

顔の脂肪吸引の場合、腫れ・むくみ・内出血は他の部位の脂肪吸引と比較して軽度です。通常1週間前後で引きます。

Q顔の脂肪吸引の傷痕は目立ちますか?
A

皮膚切開部位は耳の裏側で約5mm程ですので、傷痕は目立ちません。

Q顔の脂肪吸引でリバウンドはしますか?
A

皮脂肪吸引では太る原因である脂肪細胞自体を吸引します。
一度脂肪吸引された部位では脂肪細胞が再生されることはありませんので、リバウンドすることはありません。

Q顔の脂肪吸引の手術中、手術後に痛みはありますか?
A

手術中は局所麻酔に加えて、静脈麻酔を併用します。
手術後は軽い痛みがありますが、通常お渡ししている鎮痛剤でおさまる程度です。

高周波温熱治療について

Q1回の治療で、どれ位の効果が期待できますか?
A

血流促進やむくみ改善等1回で効果を感じられる方もいらっしゃいます。
ただ、高周波温熱治療のみでの痩身治療は、1~2週間に1回の間隔で、5~10回程度の施術を推奨しています。
当院では、他にも様々な作用を持った痩身治療をご用意しておりますので、コンビネーション施術により、パーツ痩せから、体質改善まで対応できます。お気軽にご自身の目標期間などをお教えください。
脂肪吸引後の高周波温熱治療の効果は、内出血や腫れ・むくみ、術後の痛みが治まった後すぐに効果を実感していただけます。

Qダウンタイムや痛みはありますか?
A

ダウンタイム、痛みはありません。
高周波温熱治療は、従来の外科的手術の術後に伴う、痛み・腫れ・内出血、傷跡がない痩身・美肌治療です。
心地よい温かさを感じながら受けていただくことができます。

Q治療当日の運動や入浴、運転はできますか?
A

治療当日から、いずれも可能ですが、施術後の激しい運動、サウナは効果を減少させるため、控えてください。

その他のQ&Aをみる

脂肪吸引の比較一覧

以下に該当する方は、
「高周波温熱治療」
「コンデンスリッチファット」
「脂肪注入・ナノファット」

もご検討ください

脂肪吸引など外科的手術を
伴う痩身には抵抗のある方

脂肪を活用してシワ・たるみ、
ニキビ痕を治療したい方