【50代女性】脂肪吸引 (顔全体)+フェイスリフト+顔の脂肪注入(顔全体)+目の下脂肪取り術(右目)│3ヵ月後

  • 脂肪吸引・医療痩身
  • 若返り・エイジングケア
  • ジョウクリ式脂肪吸引
  • 目の下たるみ取り術・脂肪取り術
  • フェイスリフト
  • 脂肪注入・ナノファット注入
  • 女性
  • 手術
  • 50歳代

症例写真

before
after
before
after
before
after
before
after
before
after

二重アゴ解消法の解説動画

施術概要

下垂している顔の脂肪を除去し、重みを取るために顔全体の脂肪吸引を行いました。
たるみの引き上げにはフェイスリフト、アゴ下のたるみはネックリフトを行い、膨らみが足りない部分に脂肪を注入しました。
フェイスラインがスッキリし、バランスが整いました。
また、目の下の脂肪を除去することで目元も若々しさを取り戻しています。

施術時間 200分〜240分程度
使用する麻酔 局所麻酔・硬膜外麻酔・静脈麻酔
術後の通院 【顔の脂肪吸引】
診察・血液検査
1週間後:抜糸
1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月後:経過検診

【フェイスリフト】
3日後:固定除去
1週間後:抜糸
1ヵ月後・3ヵ月後:経過診察

【顔の脂肪注入】
1週間後:抜糸
1ヵ月・3ヵ月:経過検診

【目の下脂肪取り術】
1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月後:経過検診

※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
リスク・副作用 【顔の脂肪吸引】
強い腫れ:1週間程度
痛み:1週間程度(※筋肉痛のような痛みがあります)
内出血:1~2週間ほどで落ち着きます。
むくみ:3ヵ月程度(むくみのピークは2週間程度)
拘縮、凸凹:2~3ヵ月程度(拘縮の改善とともに凸凹も改善します)
知覚鈍麻・知覚過敏:術後一時的で回復します。
瘢痕:シワに沿って目立たない部分で吸引しますが、体質により修正および治療が必要な場合もあります。
貧血:術後貧血症状併発の可能性があります。
血腫・セローマ:血液や浸出液の除去が必要な場合もあります。

【フェイスリフト】
1週間~10日ほど、強い腫れがあります。
2~5日はガーゼ・テープで患部を圧迫する必要があります。
傷痕が落ち着くまで半年ほどかかります。
(基本的に髪の生え際や耳の前などを切開するため、髪を下ろすとほとんど気付かれませんが、髪をアップにしたりする際には傷痕が見える場合があります)

患者様の体質によって、稀に傷痕がケロイド状に赤く残る可能性があります。
これは肥厚性瘢痕といい、数ヵ月から1年ほど時間をかけて白い落ち着いた傷痕になっていきます。

【顔の脂肪注入】
施術後、吸引部・注入部に痛み・むくみ・腫れ・内出血が出ることがあります。
1~2週間続くこともありますが、徐々に落ち着いていきます。
また、しばらくの間は、違和感、ツッパリ感、痛みの症状が見られる場合がありますが、次第に改善されます。

【目の下脂肪取り術】
腫れ、白目の充血:1週間程度
痛み:数日間
内出血:1~2週間程度
しびれ・違和感:術後一時的に生じる
術後、自然な状態に落ち着くまで1ヵ月程度かかります。

※どのような手術でも極稀に、傷口の炎症や感染が起こる可能性があります。
シャワー 【顔の脂肪吸引】
翌日より可能

【フェイスリフト】
患部以外は当日より可能

【顔の脂肪注入】
傷痕を避け当日より可能

【目の下脂肪取り術】
当日より可能
洗顔 【顔の脂肪吸引】
傷口を避けて翌日から可能

【フェイスリフト】
治療部位を避けて翌日から可能

【顔の脂肪注入】
当日より可能

【目の下脂肪取り術】
当日より可能
メイク 【顔の脂肪吸引】
傷口を避けて翌日から可能

【フェイスリフト】
抜糸翌日より可能

【顔の脂肪注入】
当日より可能

【目の下脂肪取り術】
当日より可能
入浴 【顔の脂肪吸引】
1週間後、抜糸翌日より可能

【フェイスリフト】
抜糸翌日より可能

【顔の脂肪注入】
翌日より可能

【目の下脂肪取り術】
当日より可能
施術時間
200分〜240分程度
使用する麻酔
局所麻酔・硬膜外麻酔・静脈麻酔
術後の通院
【顔の脂肪吸引】
診察・血液検査
1週間後:抜糸
1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月後:経過検診

【フェイスリフト】
3日後:固定除去
1週間後:抜糸
1ヵ月後・3ヵ月後:経過診察

【顔の脂肪注入】
1週間後:抜糸
1ヵ月・3ヵ月:経過検診

【目の下脂肪取り術】
1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月後:経過検診

※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
リスク・副作用
【顔の脂肪吸引】
強い腫れ:1週間程度
痛み:1週間程度(※筋肉痛のような痛みがあります)
内出血:1~2週間ほどで落ち着きます。
むくみ:3ヵ月程度(むくみのピークは2週間程度)
拘縮、凸凹:2~3ヵ月程度(拘縮の改善とともに凸凹も改善します)
知覚鈍麻・知覚過敏:術後一時的で回復します。
瘢痕:シワに沿って目立たない部分で吸引しますが、体質により修正および治療が必要な場合もあります。
貧血:術後貧血症状併発の可能性があります。
血腫・セローマ:血液や浸出液の除去が必要な場合もあります。

【フェイスリフト】
1週間~10日ほど、強い腫れがあります。
2~5日はガーゼ・テープで患部を圧迫する必要があります。
傷痕が落ち着くまで半年ほどかかります。
(基本的に髪の生え際や耳の前などを切開するため、髪を下ろすとほとんど気付かれませんが、髪をアップにしたりする際には傷痕が見える場合があります)

患者様の体質によって、稀に傷痕がケロイド状に赤く残る可能性があります。
これは肥厚性瘢痕といい、数ヵ月から1年ほど時間をかけて白い落ち着いた傷痕になっていきます。

【顔の脂肪注入】
施術後、吸引部・注入部に痛み・むくみ・腫れ・内出血が出ることがあります。
1~2週間続くこともありますが、徐々に落ち着いていきます。
また、しばらくの間は、違和感、ツッパリ感、痛みの症状が見られる場合がありますが、次第に改善されます。

【目の下脂肪取り術】
腫れ、白目の充血:1週間程度
痛み:数日間
内出血:1~2週間程度
しびれ・違和感:術後一時的に生じる
術後、自然な状態に落ち着くまで1ヵ月程度かかります。

※どのような手術でも極稀に、傷口の炎症や感染が起こる可能性があります。
シャワー
【顔の脂肪吸引】
翌日より可能

【フェイスリフト】
患部以外は当日より可能

【顔の脂肪注入】
傷痕を避け当日より可能

【目の下脂肪取り術】
当日より可能
洗顔
【顔の脂肪吸引】
傷口を避けて翌日から可能

【フェイスリフト】
治療部位を避けて翌日から可能

【顔の脂肪注入】
当日より可能

【目の下脂肪取り術】
当日より可能
メイク
【顔の脂肪吸引】
傷口を避けて翌日から可能

【フェイスリフト】
抜糸翌日より可能

【顔の脂肪注入】
当日より可能

【目の下脂肪取り術】
当日より可能
入浴
【顔の脂肪吸引】
1週間後、抜糸翌日より可能

【フェイスリフト】
抜糸翌日より可能

【顔の脂肪注入】
翌日より可能

【目の下脂肪取り術】
当日より可能

費用

¥2,031,700税込

2022年5月現在
別途:術前血液検査代・麻酔代

担当医師コメント

以前に糸リフトをして効果がなく、フェイスリフトを希望され、他院を受診。
しかし、再度糸リフトを勧められ、希望ではなかったため当院へ来られた患者様です。
顔全体のたるみと頬骨の出っ張りが気になり、ご来院されました。

下垂している顔の脂肪を除去し、重みを取るために顔全体の脂肪吸引を行いました。
たるみの引き上げにはフェイスリフト、アゴ下のたるみはネックリフトを行い、フェイスラインがスッキリされました。

たるんだ皮膚を切り取って縫い縮めるだけでは、皮膚が伸びてしまうだけで効果は長続きしません。
皮膚の下にあるSMASと呼ばれる膜を引き上げて、顔の深部の構造から作り直すことが重要です。

担当医師