「お肌再生」「毛穴ケア」「美白」「シミ取り」「タトゥー除去」など、
さまざまな施術が1台で出来る高性能マシン
1兆分の1秒という極めて短い時間での照射により、
お肌組織の負担が大幅にダウン

「ピコ秒」の短い照射で効果アップ
負担ダウンのレーザー治療

Picoレーザー

  • 01

    従来の
    レーザー機器
    よりも大幅に
    性能がアップ

  • 02

    フラクショナル
    レーザーや
    トーニングなど
    さまざまな施術
    が可能

  • 03

    シミや刺青など、
    皮膚の中の色素を
    消すレーザー治療

ご優待メニュー

Picoレーザーとは

「ピコ秒」の照射が可能な高性能レーザー「PicoWay」

PicoWayの画像
  • 厚生労働省承認機器使用 (承認番号:23000BZX00270000)
  • 米国FDA機器使用(承認番号:K150326)

「ピコ秒」の照射が可能な高性能レーザー
「PicoWay」

Picoレーザー治療とは、光のエネルギーによってお肌のさまざまな疾患を治療する施術の一つです。
「Picoレーザー」は、複数のレーザー波長を使い分けることができる、シミ・そばかす・アザ・刺青・毛穴改善など、一台で多くの治療が可能な高性能レーザー機です。
同じような効果を持つレーザー機器であるQスイッチレーザーは「ナノ秒(10億分の1秒)」でのレーザー照射ですが、この「PicoWay」はその「1000分の1」である「ピコ秒(1兆分の1秒)」での照射を可能としています。
1回の照射時間が極めて短いことにより、レーザーで熱が発生することがほとんどなく、皮膚組織への負担が極めて少ないため、照射後の赤みや黒ずみなどが最小限に抑えられるようになりました。
また、当院で採用しているシネロン・キャンデラ社の「PicoWay」は、現行のピコレーザーの中では最も「パルス幅」が短いことが特徴です。
「パルス幅」が長いものは周囲に熱が広がりやすいため、色素沈着などの副作用を起こしやすいですが、「パルス幅」が短いレーザーは、周囲に熱が広がりにくく、ピークパワーが強くなるため、衝撃波によってメラニンをしっかりと破壊することができる上、色素沈着などの副作用を最小限に抑えることが可能です。

  • 「PicoWay」は、厚生労働省や米国FDAより承認を受けている医療機器です。
PicoWay (ピコウェイ) PicoSure(ピコシュア) Enlighten(エンライトン)
波長 1064/730nm/532nm 755nm 1064/532nm
パルス幅 339ps/294ps(ピコ秒) 550-750ps(ピコ秒) 750ps&2ns(ナノ秒)
ピークパワー 1.19GW/0.69GW 0.36GW/0.27GW 0.8GW/0.4GW

ハンドピースを変えることによって波長が変わります

ハンドピースを変えることによって波長が変わります

「PicoWay」は皮膚の深い部分に存在するメラニンが作用している「濃いシミやアザ」などにアプローチする1064nmと皮膚の浅い部分に存在するメラニンが作用「そばかすや肝斑」などにアプローチする532nmの2つの波長を使い分けることができるため、幅広い症状に適切な治療を行うことが可能です。
この波長は、ハンドピースを変えることで変えることができます。
メラニン色素やタトゥーの色素など、さまざまな色素に対応しているため、症状に合わせた使い分けをすることが可能です。

picoWayの3種の波長のレーザーの説明イラスト

「ピコ秒」の「衝撃波」で色素を破砕するからダウンタイム・痛みを軽減、効果はアップ!

「ピコ秒」の「衝撃波」で色素を破砕するからダウンタイム・痛みを軽減、効果はアップ!

「Picoレーザー」の「Pico」は「ピコ秒(1兆分の1秒)」の「Pico」です。
これは、レーザーの光が出されている時間を表しています。
シミは、メラニン色素が塊になり、見えるレベルのサイズになったせいで起こる症状なのですが、
「Picoレーザー」は、1兆分の1秒という、極めて短い、高いピークパワーを持つ照射によって、熱を発生させることなく、この塊になったメラニン色素を見えないレベルまで破壊します。
熱による破壊ではなく、純粋なレーザーのエネルギーと衝撃波(光音響効果)による破壊のため、周辺組織へのダメージが少なく、炎症性の色素沈着による赤みや黒ずみなどの副作用が極めて少ない施術です。

ピコ秒、ナノ秒、マイクロ秒の比較イメージ
ピコ秒の照射とナノ秒の照射の比較イメージ

患者様の症状に合わせて「どの治療が最適か」をしっかり診察・診断してから治療いたします

ピコ秒イメージ図

患者様の症状に合わせて「どの治療が最適か」をしっかり診察・診断してから治療いたします

シミやくすみ、肝斑やそばかす、アザなどの症状は、原因がさまざまです。
原因がさまざまということは、アプローチ方法もさまざま。
シミの種類によっては、治療によって悪化してしまうこともございます。
また、「加齢によるシミ」と「肝斑」「病変によるシミ」などが複合的に表れることもあり、自己診断だけではなかなか「どのシミ」かを見分けるのは難しいです。
当院では、シミの性質や状態をしっかりと診察し、診断して、患者様のご希望によって治療を進めてまいります。
より患者様の理想に近づけることのできる治療プランをご提案しますので、まずはご相談ください。

※注意事項

  • 妊娠中の方は受けられません
  • 体内に金属類や機械類のある方は受けられません(金の糸は可能です)
  • ペースメーカーご使用中の方は受けられません
  • 治療部位にプロテーゼなどの異物挿入がある方はご状態によっては受けられません

Picoレーザーでできる
施術一覧

シミ・ニキビ跡・小ジワなどお肌のトータルケア

毛穴の汚れ・広がり改善・ハリ・キメ・弾力

シミ・くすみ・肝斑改善・美白

シミの改善・ADM治療

レーザーによるタトゥー色素分解

Pico/1550
フラクショナルレーザー

レーザーでお肌に目に見えないほどの穴を開けて再生力を引き出す「お肌再生施術」

  • シワ・たるみを改善したい
  • お肌にハリとキメを取り戻したい
  • お肌にキズをつけず「お肌の力を引き出して美肌に」する施術を受けたい
  • ニキビ痕や傷痕などが気になる
  • 周囲にバレにくい美肌治療がしたい

Picoフラクショナルレーザーの症例

Picoフラクショナルレーザー

before Picoフラクショナルレーザー before
after Picoフラクショナルレーザー after

Picoフラクショナルレーザー

施術名 【20代女性】Picoフラクショナルレーザー(施術3回目から1ヵ月後)
施術概要 レーザーでお肌に目に見えないほどの穴を開けて再生力を引き出す「お肌再生施術」です。
副作用・リスク 稀に 発赤(2~3日)、軽い腫れ(1~2週間)、炎症後色素沈(3〜6ヵ月)が起こる場合がありますが、時間経過で軽快します。
費用 ¥82,500 2018年12月現在

この施術の他の症例をみる

フラクショナルレーザーとは

レーザーでお肌に目に見えないほどの穴を開けて再生力を引き出す「お肌再生施術」

フラクショナルレーザーイメージ図

レーザーでお肌に目に見えないほどの穴を開けて再生力を引き出す「お肌再生施術」

目に見えないほど小さな点状にしたレーザーを照射することで、表皮や真皮に作用する美肌施術です。
レーザー照射により表皮には傷をつけず、真皮内だけに微細な傷(空洞)を作ることにより、傷つけられたお肌を再生しようと細胞の働きが活性化します。
これを「創傷治癒効果」といいます。
この「創傷治癒効果」により、真皮内に存在する「真皮幹細胞」や「線維芽細胞」などがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを含むお肌の再生に必要な成分を増産します。
お肌を構成する成分が増産されることにより、お肌の再生が促され、くすみ・小ジワ・たるみ・ニキビ跡など、さまざまな症状が改善されます。

表面に傷ができないからダウンタイムがほとんどありません

従来のフラクショナルレーザーと円ライトンのピコフラクショナルレーザー比較イメージ図

表面に傷ができないからダウンタイムがほとんどありません

従来の「CO2フラクショナル」などのフラクショナル治療は、お肌の内部だけでなく、表皮にも傷ができるものでした。
表皮にキズができると、どうしても痛みが強く出てしまう上、長い間赤くなったり、かさぶたが形成されたりするダウンタイムが長くなってしまいます。
レーザーによるフラクショナル治療は内部のみの傷のため、表皮には傷ができずダウンタイムが非常に短いのが特徴。
施術を受けた直後、メイクをしてお帰りいただくことも可能な施術です。

SMART CELL 1550フラクショナルレーザー【姫路院・高知院・那覇院】

フラクショナルレーザー専用機 SMART CELL

1550フラクショナルレーザーで施術可能な深度イメージ

フラクショナルレーザー専用機 SMART CELL

ジョウクリニック姫路院・高知院・那覇院では、フラクショナルレーザーにSMART CELLという機械を使っています。
SMART CELLは真皮に働きかける1550nmの波長をもつフラクショナルレーザーの専用機。
Picoフラクショナルレーザーと同様に、皮膚表面に傷をつけずに、内部に空洞を作ることで真皮の細胞を活性化させる施術ができます。

1550フラクショナルレーザーで施術可能な深度イメージ

料金表

Picoフラクショナルレーザー/1550フラクショナルレーザー

部位・種類 価格(税込)
初回トライアル 顔全体 1回 ¥16,500
顔全体 1回 ¥22,000
顔全体 3回 ¥59,400
顔全体 6回 ¥105,600
初回トライアル 両頬 1回 ¥13,200
両頬のみ 1回 ¥16,500
両頬のみ 3回 ¥44,000
両頬のみ 6回 ¥79,200
麻酔クリーム ¥3,300

施術のリスク・
副作用について

麻酔 なし(ご希望により麻酔クリームも使用可能※別料金)
所要時間 10分~20分前後
洗顔・入浴・メイク シャワー:当日から可能
入浴:翌日から可能
洗顔:当日から可能
メイク:当日から可能
術後通院 なし
副作用・
ダウンタイム
個人差がありますが、体質などによってまれに副作用・ダウンタイムとして、発赤(2~3日)、軽い腫れ(1~2週間)、炎症後色素沈着(3~6ヵ月)が起こる場合がありますが、時間経過で軽快します。
注意事項 妊娠中の方は受けられません。
体内に金属類や機械類のある方は受けられません(金の糸は可能です)。
ペースメーカーご使用中の方は受けられません。
治療部位にプロテーゼなどの異物挿入がある方は受けられません。
稀に、しびれなどの知覚異常を一時的にきたす場合があります。
予想以上に修正効果が弱い可能性があります。

Picoピーリング

カーボンジェルを塗り、毛穴の汚れごとレーザーで吹き飛ばして毛穴洗浄&レーザー刺激で毛穴収縮

  • 毛穴の汚れや開きが気になる
  • 小ジワ・たるみを改善したい
  • 毛穴の開いた「いちご鼻」が気になっている
  • 引き締まったハリのあるお肌になりたい
  • お肌のゆるみや毛穴の汚れでワントーンお肌色が暗く見えてしまっている

Picoピーリングとは

カーボンジェルを塗ってレーザーで毛穴の汚れごと弾き飛ばすカーボンピーリング

カーボンジェルを塗ってレーザーで毛穴の汚れごと弾き飛ばすカーボンピーリング

超微粒子のカーボン(炭素)が含まれるジェルを毛穴の奥まで塗り、レーザーによって汚れを吸着したカーボンを弾き飛ばすピーリングです。
開いた毛穴・毛穴に溜まった皮脂汚れ・角栓などに効果を発揮するレーザーピーリングの一種です。
レーザーは、正常な色素を持つ皮膚には反応せず、カーボンのみに反応するため、お肌に傷がつくことはありません。
ダウンタイムもほぼなく、20分ほどで施術が完了するため、気軽に施術を受けていただけます。
施術中、照射ごとにカーボンが弾ける、輪ゴムではじかれるような感覚がございますが、強い痛みはありません。
他のPico施術との組み合わせもオススメです。

熱刺激によってコラーゲンが増産、毛穴が収縮します

Picoピーリング照射による毛穴の収縮イメージ

熱刺激によってコラーゲンが増産、毛穴が収縮します

毛穴の汚れを吹き飛ばすだけでは毛穴は開いたままですが、「Picoピーリング」ではレーザーで真皮に熱を加えることとなるので、真皮内に存在する「線維芽細胞」などが活性化し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを含むお肌を構成する成分を増産します。
コラーゲンなどが増産されることにより、毛穴が収縮し、たるみや小ジワなどが改善、お肌のキメやハリが整います。
毛穴の汚れを取るだけでなく、肌質を改善するため、長期的な効果が期待できるのが魅力です。

Picoピーリング照射による毛穴の収縮イメージ

料金表

部位・種類 価格(税込)
初回トライアル 1回 ¥16,500
1回 ¥22,000
6回 ¥88,000
10回 ¥132,000
麻酔クリーム ¥3,300

施術のリスク・副作用について

麻酔 なし(ご希望により麻酔クリームも使用可能※別料金)
所要時間 15分~20分前後
洗顔・入浴・メイク シャワー:当日から可能
入浴:翌日から可能
洗顔:当日から可能
メイク:当日から可能
術後通院 なし
副作用・
ダウンタイム
個人差がありますが、体質などによってまれに副作用・ダウンタイムとして、発赤(2~3日)、軽い腫れ(1~2週間)、炎症後色素沈着(3~6ヵ月)が起こる場合がありますが、時間経過で軽快します。
注意事項 妊娠中の方は受けられません。
体内に金属類や機械類のある方は受けられません(金の糸は可能です)。
ペースメーカーご使用中の方は受けられません。
治療部位にプロテーゼなどの異物挿入がある方は受けられません。
稀に、しびれなどの知覚異常を一時的にきたす場合があります。
予想以上に修正効果が弱い可能性があります。

Picoトーニング

肝斑やくすみの改善など、顔全体をトーンアップする美白レーザー照射

  • 肝斑やシミ、くすみで顔色が暗く見えるのが気になる
  • 日焼けしてしまったので美白したい
  • お肌がくすんで「疲れお肌」に…
  • トーンアップだけでなく、お肌のキメやハリも改善したい
  • そばかすや肝斑など、薄く広範囲のシミが気になる

Picoトーニングとは

顔全体にレーザーを当ててメラニン色素を細かく砕き、白いお肌へ

Picoトーニングとは治療前、治療後の比較

顔全体にレーザーを当ててメラニン色素を細かく砕き、白いお肌へ

トーニングとは、顔全体のメラニン色素を減少させ、シミや色素沈着の改善を行う施術です。
Picoトーニングは、Picoレーザーに搭載されている1,064nm波長のレーザーを顔全体に低出力で複数回照射することにより、メラニンを少しずつ破壊して排出させ、美白効果を得る施術です。
メラニン色素は粒子が小さいほど排出が早い性質。
Picoレーザーを使用することにより、従来のレーザートーニングよりもメラニン色素を細かく破壊することができるため、短い期間のうちに美白を実感することができます。

皮膚に負担の少ない出力で照射、熱ではなく衝撃波の照射で顔全体をトーンアップ

一般的なレーザとトーニングのレーザーの比較イメージ

皮膚に負担の少ない出力で照射、熱ではなく衝撃波の照射で顔全体をトーンアップ

Picoトーニングは低出力での照射のため、これまで高出力でレーザー照射を行うと悪化するといわれていた肝斑の治療にも適しています。
「ピコ秒の短時間照射」「低出力の照射」のため、悪化を招かずに治療を行うことが可能です。
その他にも、そばかすや薄いシミや日焼けしたお肌のメラニン色素を破壊し、お肌全体をワントーン明るく変えてくれます。
低出力での照射かつ、「ピコ秒」という非常に短い照射なので、熱の発生が最低限まで抑えられるため、施術中にほとんど痛みがないのも特徴の一つ。
お肌へのダメージも少なく、ダウンタイムもほとんどありません。
基本的に、Picoトーニングはお肌の全体的なトーンアップが得意な施術ですので、部分的な濃いシミなどは、Picoスポットを併用しての施術がオススメです。

一般的なレーザとトーニングのレーザーの比較イメージ

症状によるレーザーシミ取りの向き不向き

右にスクロールしてください。

炎症後色素沈着
濃いシミ・アザ 薄いシミ 肝斑 そばかす ADM
Picoトーニング
薄くはなるが一度では消えにくい

従来のレーザーよりも効果的

悪化させずに治療ができる

従来のレーザーよりも効果的

Picoスポットの併用で効果的
Picoスポット
一度の治療で効果が出やすい

効果はあるがトーニングの方が適している
×
(刺激による悪化の恐れあり)

トーニングの併用で効果抜群

スポットでの治療が
最適

料金表

部位・種類 価格(税込)
初回トライアル 1回 ¥8,800
1回 ¥16,500
6回 ¥66,000
10回 ¥94,600

施術のリスク・副作用について

麻酔 なし(ご希望により麻酔クリームも使用可能※別料金)
所要時間 10分~20分前後
洗顔・入浴・メイク シャワー:当日から可能
入浴:翌日から可能
洗顔:当日から可能
メイク:当日から可能
術後通院 なし
副作用・
ダウンタイム
個人差がありますが、体質などによってまれに副作用・ダウンタイムとして、発赤(2~3日)、軽い腫れ(1~2週間)、炎症後色素沈着(3~6ヵ月)が起こる場合がありますが、時間経過で軽快します。
注意事項 妊娠中の方は受けられません。
体内に金属類や機械類のある方は受けられません(金の糸は可能です)。
ペースメーカーご使用中の方は受けられません。
治療部位にプロテーゼなどの異物挿入がある方は受けられません。
稀に、しびれなどの知覚異常を一時的にきたす場合があります。
予想以上に修正効果が弱い可能性があります。

Picoスポット

色の濃いシミをピンポイントケア!メラニン色素を破壊するレーザー照射

  • 薄いシミではなく、濃い色をしたシミで悩んでいる
  • 加齢によって、気になるシミがでてきた
  • 一度でシミを消したい
  • ダウンタイムの短いシミ取り治療がしたい
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)という特殊なアザがある

Picoスポットの症例

Picoシミ取り(Picoスポット)

before Picoシミ取り(Picoスポット) before
after Picoシミ取り(Picoスポット) after

Picoシミ取り(Picoスポット)

施術名 【女性】Picoシミ取り (Picoスポット) (施術1回目から2ヵ月後)
施術概要 色の濃いシミをピンポイントケア!メラニン色素を破壊するレーザー照射です。
副作用・リスク 稀に 発赤(2~3日)、軽い腫れ(1~2週間)、炎症後色素沈(3〜6ヵ月)が起こる場合がありますが、時間経過で軽快します。
費用 1箇所…1㎠未満 ¥10,000〜 2019年3月現在

この施術の他の症例をみる

Picoスポットとは

狙ったポイントのみに衝撃波を照射、シミの原因メラニン色素を不可視レベルに破砕

Picoスポットのイメージ

狙ったポイントのみに衝撃波を照射、シミの原因メラニン色素を不可視レベルに破砕

Picoトーニングなどよりも高い出力でシミ・ホクロ・アザなどを照射することにより、メラニン色素を破壊して薄くする施術です。
シミは、メラニン色素が塊になり、見えるレベルのサイズになったせいで起こる症状。
「ピコ秒」のレーザー照射により、従来のレーザー治療では不可能なレベルまでメラニン色素を破砕することができるため、従来のレーザー治療よりも効果が高いのが特徴です。
また、レーザーを吸収しやすい濃いシミだけでなく、比較的色の薄いシミにも効果があります。
また、熱の発生が少ないため、ダウンタイムが短く、形成されるかさぶたも薄いのが特徴です。

Picoスポットのイメージ

照射後はかさぶたになって剥がれ落ちます。
アフターケア方法もしっかりお教えいたします。

Picoスポットによるシミの変化イメージ

照射後はかさぶたになって剥がれ落ちます。
アフターケア方法もしっかりお教えいたします。

  1. 消したいシミにレーザーを照射します。
    レーザーの照射範囲は最低2mmまで絞れるため、複雑な形のシミやアザにも対応が可能です。
    照射時は、輪ゴムではじかれるようなパチパチとした痛みがありますが、麻酔が必要なほどではありません。
  2. 照射した直後のシミ部分は白くなります。
    Picoレーザーの場合は従来のレーザーと違い、必須ではないのですが、極力患部にダメージを与えないよう、保護シールを貼ることをオススメしています。
  3. 黒っぽく、かさぶたが形成されます。
    普通の傷のような、固い塊のようなイメージのかさぶたではなく、薄い膜が張ったイメージになることが多いです。
  4. 新しい皮膚ができ、かさぶたが剥がれます。
    無理に剥がすと二次性の色素沈着(戻りシミ)が強く出たり、傷になってしまったりする可能性があります。
  5. かさぶたが剥がれた後の患部は、1~2ヶ月ほど二次性の色素沈着(戻りシミ)になる可能性があります。
    美白効果のあるクリームや、テープなどで予防します。
  6. 患部が落ち着き、綺麗なお肌色になります。
    再発などを防ぐため、日焼け止めなどの対策を続けてください。
  7. 基本的に治療は1回で終了しますが、状態によって2回~必要な場合もございます。
Picoスポットによるシミの変化イメージ

治療の難しいADM(後天性真皮メラノサイトーシス)もPicoスポットなら治療可能です

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の位置イメージ図

治療の難しいADM(後天性真皮メラノサイトーシス)もPicoスポットなら治療可能です

シミが存在しないはずの皮膚の深い部分(真皮)に色素細胞が発生するのが「ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)」です。
多くは20代前後から出現し、アザと呼ばれることもあります。
頬の上部に見られることが多く、そばかすや肝斑とは違う、グレーがかった色合いであることが特徴です。
深い部分に色素細胞があるため、ピーリングなどでは治療できない上、肝斑と合併していることが多く、複数回のレーザー治療が必要になることが多いシミです。
治療回数が必要なことが多いですが、きちんと治療することにより、かなり綺麗に回復します。

症状によるレーザーシミ取りの向き不向き

右にスクロールしてください。

濃いシミ・アザ 薄いシミ 肝斑 そばかす ADM 脂漏性角化症
(老人性イボ)
Picoトーニング
薄くはなるが一度では消えにくい

従来のレーザーよりも効果的

悪化させずに治療ができる

従来のレーザーよりも効果的
×
適していない
×
適していない
Picoスポット
一度の治療で効果が出やすい

効果はあるがトーニングの方が適している
×
(刺激による悪化の恐れあり)

トーニングの併用で効果抜群

スポットでの治療が
最適

スポットでの治療が
最適

料金表

部位・種類 価格(税込)
1箇所(1㎠以下) ¥11,000
麻酔代 静脈麻酔 ¥44,000

施術のリスク・副作用について

麻酔 なし(ご希望により静脈麻酔も使用可能※別料金)
所要時間 10分~20分前後(シミのサイズ、大きさによって前後します)
洗顔・入浴・メイク シャワー:当日から可能
入浴:翌日から可能
洗顔:当日から可能
メイク:患部を避けて当日から可能
術後通院 なし
副作用・
ダウンタイム
個人差がありますが、体質などによってまれに副作用・ダウンタイムとして、発赤(2~3日)、軽い腫れ(1~2週間)、炎症後色素沈着(3~6ヵ月)が起こる場合がありますが、時間経過で軽快します。
注意事項 妊娠中の方は受けられません。
体内に金属類や機械類のある方は受けられません(金の糸は可能です)。
ペースメーカーご使用中の方は受けられません。
治療部位にプロテーゼなどの異物挿入がある方は受けられません。
稀に、しびれなどの知覚異常を一時的にきたす場合があります。
予想以上に修正効果が弱い可能性があります。

Picoタトゥー除去

タトゥーで刻まれた色素を破壊するレーザー照射波長の切り替えが可能だから多色可能。
アートメイクにも対応しています。

  • リフトアップはしたいけどメスや針で傷がつくものは周囲にバレそうで抵抗がある
  • シワ・たるみを改善したい
  • お肌に締まりがなく、フェイスラインにもたつきを感じる
  • リフトアップだけでなく、お肌のキメやハリも改善したい
  • 公的機関から認可のある機械での施術がいい

Picoタトゥー除去の症例

Picoタトゥー除去

before Picoタトゥー除去 before
after Picoタトゥー除去 after

Picoタトゥー除去

施術名 【30代男性】Picoタトゥー除去(1回目照射から3回目照射 2ヵ月後)
施術概要 従来のレーザーよりも、体にも時間的にも負担の少ないタトゥー除去です。 さまざまな波長のレーザーを照射できるので、さまざまな色のタトゥーに対応可能です。
副作用・リスク 稀に 発赤/軽い腫れ/軽い痺れ
費用 ¥8,250 2018年8月現在
※別途:麻酔代

この施術の他の症例をみる

Picoタトゥー除去とは

さまざまな波長のレーザーを照射できるので、さまざまな色のタトゥーに対応可能

PICOレーザーとYAGレーザーで照射できる波長の比較表

さまざまな波長のレーザーを照射できるので、さまざまな色のタトゥーに対応可能

これまで、QスイッチYAGレーザーやQスイッチルビーレーザーでは、レーザーが反応しにくいため対応できない&苦手とする色がありました。
そのため、対応できない色の使われた刺青や、さまざまな色が使われたカラフルなタトゥーでは切除手術などの物理的な方法で取り去るしか方法がありませんでした。
しかし、Picoレーザーはメラニンなどと同じ方法で、タトゥーで入れ込まれた色素の粒子を細かく破砕することができるため、さまざまな色に対応可能。
マルチカラーのタトゥーでもレーザー照射で消すことができます。

PICOレーザーとYAGレーザーで照射できる波長の比較表

「ピコ秒照射」で不可視レベルまで色素の粒子を細かく破砕

照射前後の色素イメージ

「ピコ秒照射」で不可視レベルまで色素の粒子を細かく破砕

従来のナノレーザーでは、タトゥーの色素を破砕しても、粒子が細かく砕ききれないことがありました。
しかし、ピコレーザーは、お肌への進達度が深く、より効果的で迅速な治療ができます。
細かなカラーインクの粒子も破壊できるようになり、従来のレーザーでうっすらと柄が残ってしまってそれ以上消えないお肌にも治療可能です。
従来のレーザーよりも細かくカラーインクが破砕できるため、体が代謝しやすくなり、きれいにタトゥーを消去することができます。

照射前後の色素イメージ

照射後はかさぶたになって剥がれ落ちます。
アフターケア方法もしっかりお教えいたします。

レーザー照射によるタトゥー除去の経過イメージ

照射後はかさぶたになって剥がれ落ちます。
アフターケア方法もしっかりお教えいたします。

  1. 消したいタトゥーにレーザーを照射します。
    レーザーの照射範囲は最低2mmまで絞れるため、複雑な形のタトゥーにも対応が可能です。
    照射時は、輪ゴムではじかれるようなパチパチとした痛みがありますが、麻酔が必要なほどではありません。
  2. 照射した直後のタトゥー部分は白くなります。
    Picoレーザーの場合は従来のレーザーと違い、必須ではないのですが、極力患部にダメージを与えないよう、保護シールを貼ることをオススメしています。
  3. 黒っぽく、かさぶたが形成されます。
    普通の傷のような、固い塊のようなイメージのかさぶたではなく、薄い膜が張ったイメージになることが多いです。
  4. 新しい皮膚ができ、かさぶたが剥がれます。
    無理に剥がすと二次性の色素沈着(戻りシミ)が強く出たり、傷になってしまったりする可能性があります。
  5. かさぶたが剥がれた後の患部は、1~2ヶ月ほど二次性の色素沈着(戻りシミ)になる可能性があります。
    美白効果のあるクリームや、テープなどで予防します。
  6. 患部が落ち着き、綺麗なお肌色になります。
    再発などを防ぐため、日焼け止めなどの対策を続けてください。
  7. タトゥーの濃さや使用されている色によって消えるまでに必要な治療回数が違います。
レーザー照射によるタトゥー除去の経過イメージ

従来のレーザーよりも体にも時間的にも負担の少ないタトゥー除去です

ピコレーザーと従来のレーザー比較グラフ

従来のレーザーよりも体にも時間的にも負担の少ないタトゥー除去です

ピコレーザーでは、ピコ秒という短い照射時間のため、照射時に発生する熱量が圧倒的に小さいので、痛みも従来に比べて格段に軽減できるようになりました。
更に、細かく粒子を破砕することができるため、少ない回数でタトゥーを除去することが可能です。
タトゥーの濃い部分や色に関しては、照射回数が必要になってくるため、デザインやタトゥーの濃さによっては切除術を併用した方が短期間・低価格かつきれいに消える場合があります。
カウンセリングの時点で最も綺麗にタトゥーが消える方法をご提案いたしますので、まずはご相談ください。

料金表

PICOレーザータトゥー除去料金
部位・種類 価格(税込)
1㎠未満 ¥27,500
1-5㎠ ¥33,000
6-10㎠ ¥49,500
11-25㎠ ¥60,500
26-50㎠ ¥99,000
51-75㎠ ¥110,000
76-100㎠ ¥143,000
101㎠以上 ご相談ください
麻酔代 表面麻酔:手のひらサイズ ¥3,300
局所麻酔:手のひらサイズ ¥11,000
(※施術範囲により料金が異なります)
PICOレーザーアートメイク除去料金
部位・種類 価格(税込)
眉毛(片方)1回 ¥33,000
眉毛(両方)1回 ¥55,000
アイライン(片方)1回 ¥44,000
アイライン(両方)1回 ¥72,600
表面麻酔 ¥3,300

施術のリスク・副作用について

麻酔 なし(ご希望により静脈麻酔も使用可能※別料金)
所要時間 30分~40分前後(刺青のサイズにより大きく前後します)
洗顔・入浴・メイク シャワー:当日から可能
入浴:翌日から可能
洗顔:当日から可能
メイク:当日から可能
術後通院 なし
副作用・
ダウンタイム
個人差がありますが、体質などによってまれに副作用・ダウンタイムとして、発赤(2~3日)、軽い腫れ(1~2週間)、炎症後色素沈着(3~6ヵ月)が起こる場合がありますが、時間経過で軽快します。
注意事項 妊娠中の方は受けられません。
体内に金属類や機械類のある方は受けられません(金の糸は可能です)。
ペースメーカーご使用中の方は受けられません。
治療部位にプロテーゼなどの異物挿入がある方は受けられません。
稀に、しびれなどの知覚異常を一時的にきたす場合があります。
予想以上に修正効果が弱い可能性があります。

他の方法でのタトゥー除去

同じレーザーでPicoレーザーのない院での
施術をご希望の方

一度で確実に比較的小さいサイズのタトゥーをなくしたい方・レーザー治療との組み合わせもオススメです

オススメの組み合わせ治療

Picoスポット×Picoトーニング=徹底美白コース

Picoスポット×Picoトーニング=徹底美白コース

濃いシミも薄いシミも対策したい方にオススメの組み合わせ

  • 顔全体のシミが気になる方
  • お肌の色ムラを整えたい方
  • お肌を白く美しくしたい方

Picoスポットは比較的狭い範囲の濃いシミ対策にオススメの施術。
Picoトーニングは、肝斑やそばかすなど、広範囲に広がる薄いシミへの対策にオススメの施術です。
その2つの施術を組み合わせることによって、お肌のくすみや色ムラを軽減し、白く輝く美肌に導くコースです。
お肌の色調を整えるため「年々ファンデーションを厚く塗らないといけなくなってきた…」という方にオススメです。

Picoフラクショナル×Picoトーニング=お肌が生まれ変わる美肌コース

Picoフラクショナル×Picoトーニング=お肌が生まれ変わる美肌コース

美肌効果のあるフラクショナル×美白効果のトーニングで瑞々しい美肌へ

  • 美白だけでなく、ハリ・艶も整えたい方
  • お肌全体に活力を取り戻したい方
  • 美白したい方

フラクショナルレーザーはお肌の内部にキズを作ってお肌を再生する施術。
Picoトーニングはレーザーによってお肌のメラニンを破砕し、お肌のトーンを明るくする施術です。
お肌再生×メラニン破砕によって、より透明感ある白く明るいお肌を作り出すことのできる施術です。
「紫外線にあたりすぎたのかお肌が全体的にくすんできた」「加齢でお肌のハリがなくなってワントーン暗く見える」といった方にオススメです。

point

当院でPicoレーザー施術を
行うメリット

  • 01

    適切なカウンセリング
    患者様にレーザー治療
    の選定

    レーザーに精通した医師の診察によって患者様のお肌の状態をしっかりと確認し、患者様のご希望を聞いて、どの位置にどれだけ照射を行うかを決定します。

    当院は、さまざまなレーザー施術を行えるクリニック。
    だからこそ、患者様の状況に合ったレーザー照射施術をご提案することが可能です。
    「Picoレーザー」の中でもさまざまな照射の種類や手法があり、患者様に合った施術の方法はさまざま。
    シワやたるみの重さだけではなく、患者様のライフスタイルや年齢、シミやタトゥーの濃さや深さ、皮膚のコンディションなどさまざまな状態を見て、触って、確認しながら患者様お一人おひとりに合ったPicoレーザー施術をご提案いたします。

  • 02

    適切な層に、適切な強さで
    照射することで、
    患者様の悩みにアプローチ

    Picoレーザーは適切に照射しないと「火傷」などのトラブルも。
    レーザー治療に精通した医師が施術します。

    「Picoレーザー」は皮膚の深くまでアプローチできるレーザーです。
    メラニンにレーザーを照射することで熱を発生させて破砕する施術のため、看護師や知識のない医師が照射すると、過度の照射などによって火傷などが発生する場合があります。
    また、症状によって波長の長さなどを適切に変える必要があるため、最大限の効果を出すには、レーザー治療に対する深い知識が不可欠です。
    当院では、皮膚の構造を熟知し、レーザー治療に精通した医師のみがPicoレーザー治療にあたっているため、安心して治療を受けていただくことができます。

  • 03

    明快な料金設定/
    安心のアフターケア

    アフターケア・薬代まですべて価格内です。

    当院は明瞭会計をお約束します。
    患者様のご要望とは別の施術をオススメさせていただくのは、その施術が患者様のお悩みをより解決できるという確信がある時のみです。
    勿論、患者様のご予算に合わせてプランをご提案させていただくことも可能です。
    価格に関してはカウンセリング時に見積書を基に詳細金額をご説明させていただきます。

施術の流れ(カウンセリング〜アフターケアまで)

  1. 01カウンセリング

    カウンセラーと医師よりダブルカウンセリングをさせていただきます。
    患者様のご希望にできるだけ寄り添い、美容的、医学的な根拠を元に、より良いプランを提案させていただきます。
    患者様のお肌の状態やライフスタイルに合わせて施術をカスタマイズいたします。
    患者様にご納得いただけるよう、丁寧にご説明いたします。
    わからない事、疑問点などございましたらどんな些細な事でも気軽にお聞きください。

  2. 02照射プランを立てる

    医師が治療部位を触診しながら照射プランを立てます。
    治療によって照射深度や範囲は変わります。
    カウンセリングでご相談いただいたご希望に基づいてプランニングしていきます。

  3. 03麻酔・施術

    基本的に麻酔は行いませんが、ご希望によって麻酔クリームの塗布や静脈麻酔を行います(別料金)。
    施術前にクレンジングと洗顔を行っていただきます。
    照射時間は施術によって大きく異なります。

  4. 04アフターケア

    照射が終了いたしましたら完了です。
    Picoフラクショナル、Picoレーザーピーリング、Picoトーニングは当日からの洗顔、入浴、メイクが可能です。
    Picoスポット、Picoレーザータトゥー除去に関してはシールやガーゼなどで患部を保護いたします。
    当日からのシャワー浴、患部を除いたメイクが可能です。
    入浴に関しては翌日から可能です。
    シャワー後、入浴後はスタッフの指示に従い、シールやガーゼで保護しなおしてください。
    Picoレーザータトゥー除去で施術範囲が広かった場合、血流が良くなりすぎると腫れが長引くなどの恐れがありますので1週間ほど長時間の入浴やサウナなどはお避けください。

q&a

Q【Picoフラクショナル・Picoレーザーピーリング・Picoトーニング】Picoレーザー治療は、何回ぐらいで効果が出ますか?
A

多くの方は1回目の治療後から効果を実感されていますが、効果の現れ方には個人差があります。
続けて施術を受けていただくことで、より効果を実感していただけるため、5回コースもご用意しております。

Q【Picoフラクショナル・Picoレーザーピーリング・Picoトーニング】1回の治療でどのぐらい効果が続きますか?
A

Picoレーザー治療後から、平均2~3ヶ月以上は効果が持続します。なお、効果の現れ方や持続期間には個人差があります。

Q【Picoスポット】Picoスポットでシミは1回の施術で消すことはできますか?
A

基本的には1度の治療で消すことが可能です。
ただし、シミの状態が重い場合や、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)であった場合など、数度の照射が必要な場合があります。

Q【Picoスポット・Picoタトゥ除去】2回目のレーザー照射はいつできますか?
A

状況や経過にもよりますが、約2ヶ月空けていただければ、施術できます。

Q【Picoスポット・Picoタトゥ除去】火傷など正常な皮膚への副作用はありますか?
A

Picoレーザーは、メラニンやタトゥーの色素だけに反応するので、正確に照射をすれば周辺組織を傷つけることはありません。

Q【Picoスポット・Picoタトゥ除去】麻酔は必要ですか?
A

基本は麻酔をせずに消毒してからの施術になりますが、希望があれば麻酔クリームや局所麻酔も可能です。
カウンセリング時に、お気軽にご相談ください。

Q【Picoスポット・Picoタトゥ除去】治療の跡は残りますか?
A

Picoレーザー治療の場合は、外科的治療のような傷跡は残ることはありません。
しかしタトゥーの場合インクが深く皮膚に入り込んでいる場合は、皮膚のメラニンが多少脱色されることもあります。

Qレーザー治療は痛いと聞いたのですが、麻酔は必要ですか?
A

従来のレーザーは、痛みが強かったのは事実です。
しかしPicoレーザーは、パルス幅の短い衝撃波を照射します。その分熱影響が少ないので、従来のレーザー治療に比べて痛みを著しく軽減できます。
そのため、基本的に麻酔は必要ございません。ただ、痛みが全くないわけではありませんので痛みに弱い方には、麻酔クリームや静脈麻酔のご用意もございます。カウンセリング時にご相談ください。

その他のQ&Aをみる

他のレーザー機器との比較

レーザー機器の比較イメージ図