やっぱり人気のプチ整形! 〜ボツリヌストキシン注入〜

やっぱり人気のプチ整形! 〜ボツリヌストキシン注入〜

整形手術が世の中にだいぶ浸透してきたとはいえ、まだまだメスを使った手術に抵抗がある方も多いのではないでしょうか。
そこでおすすめなのがプチ整形。費用も比較的安く抑えられ、ダウンタイムも短くて済むので年代を問わず人気です。
今回はプチ整形の代表格の一つ、ボツリヌストキシン注入を中心にご紹介していきたいと思います!

プチ整形とは?

プチ整形とは
比較的治療時間が短く、ダウンタイムも短いことが多いので、美容整形が初めての方でも受けやすい治療です。腫れや痛みなどの負担も少なく、メスを使わない簡単な整形手術は「プチ整形」と呼ばれています。

プチ整形の代表格「ヒアル」「ボト」とは?

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

形を作ったりボリュームを足すもの

人間の皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の3構造になっていますが、ヒアルロン酸はそのうちの真皮部分に含まれている成分です。
水分の保持や細胞を守るクッションの役割などを果たしています。
皮膚にとってハリとうるおいには欠かせないもののひとつで製剤として注入しても安全性が高いとされています。
気になる部位に直接注入することで、内部から皮膚を持ち上げることになるのでほうれい線や目尻などのシワや溝を目立たなくさせたいときなどに用います。保湿力に優れ、肌のハリや弾力を生み出します。粘弾性があるゼリー状で1グラムあたり6リットルもの保湿力があります。

ボツリヌス・トキシン(ボツリヌス注入)

筋肉を弛緩させて表情を変化させるもの

注入
ボツリヌス菌がつくるタンパク質の一種です。
効果としては「筋肉の動きを一定期間弱める」というものです。
表情ジワを作る原因となる顔の細かい筋肉をリラックスさせ収縮を弱める働きがあるため、これを表情筋に注入することで、シワを作らないように予防できます。また、エラなどの筋肉の発達によるお顔のボリュームを落ち着かせたり、ワキの汗を止めたりと、さまざまな用途で使用されています。
ボツリヌス菌は食中毒の細菌として一般的には知られていますが、体へのダメージの心配はありません。

適応症

・表情ジワ ・額のシワ ・眉間のシワ ・目尻のシワ
・唇の縦ジワ ・エラ張り顔 ・多汗症

注入のメリット・デメリット

注入系のメリット・デメリット

メリット

・処置時間が格段に短縮
・ダウンタイムが比較的短い
・手術に比べ安価
・傷跡が残るリスクが少ないため、他人に気づかれにくい
・当日よりメイク可能

デメリット

・時間の経過によって体内へと吸収され、元に戻る(注入後、半年~1年程)
・十分な効果を得るために、数回の注入が必要になる場合がある

注入法の費用

通常は自由治療の為基本的に全額実費となります。
トラブルを避けるため初診から施術、アフターケアまでどのくらい費用がかかるか事前によく確認しておくことが大切です。

費用確認

費用のチェックポイント

・薬剤の種類、麻酔代、注射代などが込みかどうか。
・薬剤や麻酔、注射針を変更したい場合、追加費用がかかるかどうか。
・税抜き価格か、税込み価格か。
・アフターケアに関しての費用は含まれているか。
・支払い方法について、現金のみか、クレジットや医療ローンが利用できるか。

まとめ

リスクが少ないとはいえ、プチ整形のメリットだけではなく、デメリットも理解した上で施術に望みましょうね。
美容整形に興味はあるけれど、はじめてで不安…という方は、プチ整形から始めてみてはいかがでしょうか。
当クリニックでは患者様にあった治療方法をご提案させていただきます。
是非お気軽にご相談ください!

 

詳しい施術内容が知りたい方はこちらをクリック ▼

美容皮膚科はこちら

 

この記事を監修した医師

 

重本 譲
医療法人 聖美会 理事長
ジョウクリニック 総院長
重本 譲
SHIGEMOTO JOE
Instagramはこちら

美容皮膚科カテゴリの最新記事