ノースリーブでワキ見せできる?! ワキの黒ずみ徹底解消!

ノースリーブでワキ見せできる?! ワキの黒ずみ徹底解消!

皆さん、ワキの黒ずみについてお悩みではないですか?
年々黒ずんできたという方も多くいらっしゃると思います。
ワキの黒ずみは多くの女性が抱えている悩みのひとつです。ムダ毛処理に力を入れていても、ワキが黒ずんでいては綺麗な肌とはいえません。
原因は主に2つあり、それぞれケア方法が異なります。また、クリニックで出来る対策もご紹介致します。

ワキの黒ずみの原因とは?

1. メラニンによる色素沈着

ワキの黒ずみ

色素沈着というと、紫外線の影響で起こるものとイメージされる方もいるかもしれませんが、ワキの黒ずみの主な原因は肌への物理刺的激が大きいです。
特に注意していただきたいのが、ムダ毛処理時に起こる肌への摩擦です。
剃刀や毛抜きによるムダ毛処理は、肌に大きな負担を与えてしまいます。
ワキは全身のなかでもデリケートといわれています。

カミソリ

刺激を与えてしまうと、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成されてしまいます。これにより、肌が色素沈着を起こし黒ずみ、太いムダ毛を生成してしまうことに繋がってしまうのです。
黒ずみや、太いムダ毛ができるのを防ぐために、ワキをできるだけ刺激しないように心掛けましょう!

色素沈着の予防方法

  • ムダ毛処理の頻度を抑える
  • 処理前にホットタオルで温めムダ毛を柔らかくさせ、処理後に冷やす
  • 肌を摩擦してしまう下着は着けない
  • 制汗剤は低刺激なものを選ぶ

上記に加えて、メラニンの生成を抑制するビタミンCや、肌のターンオーバーの促進に効果的なビタミンEなどを積極的に摂取するのも良いですね。

ビタミンC 果実類、野菜類、イモ及びでん粉類に多い
ビタミンE ナッツ類、アボカド、ウナギに多い

2. 皮脂や角質による毛穴の詰まり

保湿

ワキは全身のなかでも汗をかきやすく、蒸れやすい部位です。
汗をかいた状態で放置してしまうと分泌された皮脂が毛穴に詰まり黒ずみを起こしてしまいます。また、ターンオーバーが乱れることも不要に角質が肌に残ってしまい
黒ずむ原因になります。これを防ぐためにワキの皮脂汚れ、角質除去をしましょう!

湯船

一番簡単な方法でおすすめなのが、湯船につかることです!
湯船にゆっくりと浸かり皮脂や角質を柔らかくした後、ボディーソープ等でしっかりめに洗うか、柔らかいタオルで軽くこするように洗いましょう。
※強くこするのはNG。スクラブ入り洗浄料の頻繁使用はNG。

ワキを洗った後は、しっかりと保湿しましょうね。

クリニックでできる予防法

1. 医療レーザー脱毛

ワキ脱毛

ムダ毛が太い為、処理回数を減らすことが難しい方には、医療レーザー脱毛がおすすめです!
医療レーザー脱毛は、肌の負担が少なく効果の高いムダ毛処理法でもあります。
毛周期に合わせて、2カ月に1回のペースでレーザーを照射すると効果的です。
肌の負担が減ると共に、メラニンの生成を阻止できるのでワキの黒ずみ予防に効果的です!

両ワキ 1回 ¥3,000+TAX
5回 ¥12,000+TAX

※15分程度で施術終了

2. 塗り薬

ワキ

当クリニックでは、塗り薬の処方も可能です。

ハイドロキノン

効果 ・メラニンの生成抑制に有効的
・高い美白効果あり
副作用 肌の赤み・ひりひり感・かぶれなど
注意点 塗布した後は、紫外線注意!(色素沈着が濃くなることも)

トレチノイン

効果 ・ターンオーバー促進に有効的(通常で皮膚が生まれ変わるのに2カ月かかるのを短くできる)
・漂白効果あり
副作用 レチノイド皮膚炎(発赤、痒みなど)
注意点 ・使用当初は赤くなり、皮膚が垢のようにボロボロと剥がれることがある。
(乾燥したような感じ)
・使用中は避妊をすること。
・授乳は控える。
・冷蔵保存する。

ハイドロキノン単体だと肌への浸透率が悪いです。トレチノインと併用することで浸透率がアップします。この2つを使用すれば、黒ずみを薄くしながら新しい肌の生成が可能です!

ハイドロキノン 30g ¥3,000+TAX
トレチノイン 30g ¥3,000+TAX

まとめ

ワキ

ワキの黒ずみを防止・解消するにはメラニンによる色素沈着と、皮脂や不要な角質の毛穴の詰まりをしっかりと対策することが重要です!
思うように改善しない方は、当クリニックに一度お越しください!
患者様にあった治療方法をご提案させていただきます。ぜひご相談ください!

 

詳しい施術内容が知りたい方はこちらをクリック ▼

医療脱毛はこちら

 

詳しい施術内容が知りたい方はこちらをクリック ▼

美容皮膚科はこちら

 

この記事を監修した医師

 

重本 譲
医療法人 聖美会 理事長
ジョウクリニック 総院長
重本 譲
SHIGEMOTO JOE
Instagramはこちら

美容皮膚科カテゴリの最新記事