美人の秘訣は?! ベストバランスが鍵を握る!

美人の秘訣は?! ベストバランスが鍵を握る!

皆さん、顔の黄金比はご存じでしょうか?
いわゆる美人といわれる顔を数値で導き出したのが顔の黄金比。
まず、顔の黄金比とはどのような基準なのかを説明していきます。

 

顔の黄金比とは?

黄金比とは視覚的にバランスが取れて安定している誰が見ても美しいと感じる比率のことです。
例えば、有名なお話では古代エジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿・ミロのビーナスや、モナ・リザの絵画にも黄金比が取り入れられています。

誰が見ても美しいと感じる比率

 

黄金比の3つのポイント

 

1. 顔全体のバランス(顔の縦と横の長さや比率)

2. 顔のパーツの位置

3. 顔のパーツの大きさ

人の顔は左右対称で上記3つのポイントが黄金比に近いほど、一目見て美人顔という印象を与えるといわれています。

 

顔全体のバランス

縦の顔黄金比率

顔黄金比が示す美人顔は、
髪の生え際から眉頭の下」・「眉頭の下から鼻の下」・「鼻の下からあご先」の長さが、全て同じ比率の「1:1:1」であることが条件です。

縦の顔黄金比率

横の顔黄金比率

顔の黄金比が示す美人顔は、
顔の横幅」が「目の横幅」の 5倍であることが条件です。

横の顔黄金比率

 

顔のパーツの位置

  • 目と目の間の長さ」と「目の幅」が同じである
  • 小鼻の外側と目尻を結ぶ直線の延長線上に眉尻がある

 

目の位置

顔黄金比が示す美人顔の目の位置は、
髪の生え際から目の真ん中」・「目の真ん中から唇の真ん中」の長さが同じ比率「1:1」であることが条件です。

さらに、「目の横幅:目と目の間 = 1:1」であることが挙げられます。

パーツ目の位置

眉の位置

顔黄金比が示す美人顔の眉における条件として、「小鼻の外側」と「目頭」を結ぶ直線の延長線上に「眉頭」が来ることを挙げています。
そして、「小鼻の外側」と「目尻」を結ぶ直線の延長線上に「眉尻」が来ることも条件としています。

ただし、眉毛は流行があるので、黄金比通りにメイクすると、違和感が出てしまうこともあります。
メイクの際には、トレンドを取り入れながら、微調整するようにしましょう。

 

黄金比に近づけるにはどうしたらいい?

黄金比に近づけるのに重要なのは顔全体のバランス‼
手段の一つとして美容外科の施術があります。その方法をいくつかご紹介していきます。

 

輪郭の修正

毛穴の引き締め

多くのドクターがその重要性を唱える輪郭。
顔のベースだけに変えるのが難しい印象がありますが、輪郭の修正にはどのような施術があるのでしょうか。


■脂肪溶解注射

「小顔注射」「BNLS注射」と呼ばれるもの。
ぼやけたフェイスラインや顔太りを解消してくれる注射です。
脂肪を代謝させるメディカルハーブのほか、麻酔や痛み止め、血管収縮剤などが配合された薬剤を注射します。
顔の脂肪を減らしつつダウンタイムが少ないのがメリットです。
黄金比を考えるならどこに打つかも重要です。

 

■ヒアルロン酸注射
引っ込んだアゴを少し出したり、シャープにすることができます。
また、日本人に多いへこんだこめかみに注射することも出来、やつれた頬に入れて若々しい輪郭にすることも可能です。
ヒアルロン酸は徐々に吸収されていくので効果は永続的でない分、安心感がある施術です。

 

■エラボトックス
エラが張った輪郭は四角い顔に見えて男性的な印象を与えがち。
エラ張り顔には骨格が問題となっていることもありますが、奥歯をかみしめるときに動く咬筋(こうきん)と呼ばれる筋肉のこわばりが原因になっていることもあります。
ボトックス注射で咬筋をゆるめるとエラ張り顔が解消するだけではなく、歯ぎしりの癖が和らぐ効果も期待できます。

 

■脂肪吸引
えら張りなどではなく、頬やあご下周りに脂肪がついてしまい、顔が大きく見える場合には、脂肪吸引が効果的です。
顔周りはダイエットでは脂肪が落ちにくい箇所です。
そんな厄介な部分の脂肪は脂肪吸引で、すっきりとした小顔になることができます。

 

■バッカルファット除去
小顔注射などで減らすことのできない、深い層にある脂肪のかたまりバッカルファット。
これを除去すると小顔になるだけではなく、将来的な頬のたるみを防ぐことができます。
口の中を小さく切開してバッカルファットを取り除き、糸で縫合します。
糸は溶けてなくなるので抜糸は不要。腫れづらく、比較的ダウンタイムが短い方法です。

 

■骨を削る輪郭形成
アゴ削り、頬骨削り、エラ削りなどがあります。
全身麻酔で行う手術なので、ボトックスなどと比べてリスクがあり、副作用、合併症が出る恐れもあります。
さらに、骨を削るだけに手術後、強い痛みが数か月にわたって続くケースも。

 

・アゴ形成
口の中から骨を削る方法で外側から傷は見えません。

・頬骨削り
ごつごつして突き出した頬骨を削ることでバランスを整えます。
口のなかと目立たないもみあげのあたりを切開するので傷口はほとんど見えません。

 

 

ヒアルロン酸注射と「骨セメント

若々しい印象を与えてくれる、ふっくらとした丸いおでこ。
額形成にはヒアルロン酸注射と「骨セメント」と呼ばれる方法があげられます。

■骨セメント
両方の耳の上を結ぶラインで頭皮を切開し、頭蓋骨を露出させてハイドロキシアパタイトで額の骨の形を整える方法です。
局所麻酔か全身麻酔で行う大掛かりな手術です。外国人のような立体的な骨格に憧れる方には適しています。
まずはヒアルロン酸注射を試してみることをおすすめします。

 

目と目の間の幅修正

目頭切開

黄金比と比べると目と目の間が広すぎる!という人が多いのではないでしょうか。
目と目の間隔を狭く方法として挙げられるのが目頭切開です。

■目頭切開
目頭を数ミリ切開して、蒙古ひだを取り除き、目の横幅を大きくする方法。
適切に行うことで離れ目を解消することができます。
切開する方法がいくつかあり、目頭や蒙古ひだの状態に合わせて最適な方法を選ぶ必要があります。

 

人中短縮術

人中短縮術

「鼻の下が短いほど美人」と聞いたことがありませんか?
人中(じんちゅう)と呼ばれる鼻の下を短くして黄金比に近づける方法があります。

■人中短縮術
鼻の直下にあたるラインで切開して、皮膚を切り取り、鼻の下を短く縫い縮める方法です。
「リップリフト」「上口唇短縮術」とも呼ばれます。
その名の通り、上唇が持ち上がるため笑ったときに歯茎が見える「ガミースマイル」の人は避けるべき施術です。

 

鼻の整形

鼻の整形

輪郭に次いで美人であるかを左右する条件にあげられる鼻の形。
大きさや形、高さなどさまざまなので鼻の施術にはいろいろな種類があります。
ここで紹介する外科手術以外にもヒアルロン酸注射による隆鼻術や小鼻を小さくする脂肪分解注射などもあります。


■小鼻縮小

鼻の皮膚を一部切除し、縫い縮めることで鼻を小さくする方法です。
鼻の穴の大きさが気になる、あぐらをかいた鼻やだんご鼻が嫌という人に適しています。

 

■鼻尖形成
鼻の余分な脂肪や軟骨を除去してすっきりさせたり、耳の軟骨を移植して鼻の高さを出したりする方法。
今人気のアップノーズ(上向きのすっきりした鼻)にしたり、鼻の穴を見えにくくしたりすることもできます。
顔全体とのバランスが非常に重要なので、高い技術を持つ医師に執刀をお願いしたい施術です。

 

■鼻中隔延長
鼻の先に軟骨を移植して鼻の長さや角度を変える手術。
鼻の穴が見える人や鼻が上向きである豚鼻の修正ができるだけではなく、人中(鼻の下)が短くなるというメリットも。

 

 

最後に… 美人顔のまとめ

医師の見解を調べていてわかったことは、
理想的な顔の黄金比率を得るためには、輪郭の修正が大きなカギを握っているということです。

それぞれのパーツが美しくても、全体的なバランスが崩れてしまうと美人顔ではなくなってしまいます。
どこか一か所、施術をして全体のバランスが悪くなることのないよう、信頼できる美的センスを持つ医師の施術を受けることが大切です。

まずは自分の顔を研究し、自身の顔の特徴を理解することが大切です。
美人顔に近付づくことができ自分に自信がつけば、自然と表情も明るくなり、人を惹きつける魅力が生まれるはずです。

「自分は美しくありたい…。」
「もっともっと美しくなりたい…。」
美人顔に近付きたいと強く思う信念こそが、自分を輝かせるひとつの要素になるのではないかと思います。

 

詳しい施術内容が知りたい方はこちらをクリック ▼

ジョウクリニックの鼻整形特集

 

詳しい施術内容が知りたい方はこちらをクリック ▼

美容皮膚科はこちら

 

この記事を監修した医師

 

重本 譲
医療法人 聖美会 理事長
ジョウクリニック 総院長
重本 譲
SHIGEMOTO JOE
Instagramはこちら

美容皮膚科カテゴリの最新記事