ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸注入(注射)は、注射1本の手軽な美容整形としてプチ整形の代表格となりました。
施術時間もわずか10分ほどで、顔のたるみやシワ、ほうれい線などが改善されるのは確かに魅力的ですが、メリットばかりではありません。
ジョウクリニックでは、ヒアルロン酸注入(注射)のデメリットに対してもひとつひとつ前向きに取り組み、患者様がよりよい医療が受けられるように、日々努力しております。

 

ヒアルロン酸注入のデメリット

 

ヒアルロン酸注入のデメリットをメリットに変える当院の取り組み

ヒアルロン酸注入は持続期間が短い

ヒアルロン酸注入(注射)は持続期間が短い

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する物質で、注入してもアレルギーが起きにくい点がメリットです。
しかしそれだけに少しずつ体内に吸収されて、保ちが良くありません。
効果の持続は長くても1年ぐらい、早ければ 3ヵ月ほどで消失します。

▶︎ ジョウクリニックでは 最先端のものを使用して、2年間もの持続性を実現しました。

 

ヒアルロン酸注入はコストがかかる

金額計算

ヒアルロン酸注入(注射)は、保険が使えず費用は全額自費。
価格はクリニックにより違いますが、相場は1本(1cc)4~6万円ぐらいです。
これを 3ヵ月ずつ打てば、年間で 16~24万円ほどの費用がかかることになります

▶︎ ジョウクリニックのヒアルロン酸は 1本(1cc)10万円ですが、2年間も持続するので、年間で5万円 の費用になります。

 

ヒアルロン酸注入は多少の痛みが伴う

ヒアルロン酸注入(注射)は痛みが伴う

ヒアルロン酸注入(注射)には注射器が使われるので、当然痛みは伴います。
痛みは個人差があるので「まったく痛くなかった」という患者様も「すごく痛かった」という患者様もいます。

▶︎ ジョウクリニックでは、痛みに敏感な方には、肌の表面に塗って痛覚を麻痺させる「クリーム麻酔」を使用しています。さらに細く痛みの少ない針を使用して、痛みを軽減しています。

 

ヒアルロン酸注入は細菌感染が起こることも

ヒアルロン酸注入(注射)は細菌感染が起こることも

混ぜ物のない純粋なヒアルロン酸を使っている限り、副作用が起きることはありません。
しかし、コストを下げるために薬剤を薄めたり他の患者様に使いまわせば、感染症などが起こる可能性が出てきます。

▶︎ ジョウクリニックでは、封を開けたばかりのヒアルロン酸を注入(注射)し、薬剤の使い回しは一切しておりません。安心して治療をお受けください。

 

医師の経験不足による医療事故の可能性

アラガン社から太鼓判を押される腕前

ヒアルロン酸注入(注射)で一番多いトラブルは、医師の経験不足によるものです。
医師の腕が未熟で、注入する場所や量が間違っていれば当然問題は発生します。

ジョウクリニックはヒアルロン酸の最先端薬剤メーカーから「Allergan Beauty Award」を受賞された腕前。医師たちの経験や技術が、世界トップレベルであることが証明されています。

 

詳しく知りたい方、少しでも気になった方は是非カウンセリングへお越しください!
→ジョウクリニックHPへ

 

詳しい施術内容が知りたい方はこちらをクリック ▼

切らないリフトアップはこちら

 

この記事を監修した医師

 

重本 譲
医療法人 聖美会 理事長
ジョウクリニック 総院長
重本 譲
SHIGEMOTO JOE
Instagramはこちら

たるみ・シワカテゴリの最新記事