日本人の顔に沿ったアジア版【MDコード】を独自開発!

日本人の顔に沿ったアジア版【MDコード】を独自開発!

「ヒアルロン酸」は自然に生み出される体内物質で、加齢により減少します。
つまり、ヒアルロン酸が枯渇した肌が若さをうばい、老いを進行させるのです。
ヒアルロン酸注入(注射)は、ほうれい線や笑いジワなどにも効果があり、「ほんの5分の治療で肌が若々しくよみがえる」と言っても過言ではありません。
しかしその効果は、ドクターの腕により大きく差が出るので、クリニックの選択には注意が必要です。
今回は、MDコードを語りながら、効果を最大限に引き出す方法をお伝えいたします。

 

薬剤を使い回しをするクリニックでは感染症の恐れも

ヒアルロン酸ってなに?という素朴な疑問から、お肌のための効果効能まで徹底解説!

 

全世界から注目されるアラガン社のヒアルロン酸とは?

 

全世界から注目されるアラガン社のヒアルロン酸とは?

 

ジョウクリニックが使用しているアラガン社のヒアルロン酸は、目を見張る効果が期待できます。
通常1年だけしかない持続性が2年もあり、肌へのなじみがよく、自然な表情をつくりだすことが可能です。
また、優れた造形力であなたの望みに近づけてお肌をもりあげることも。
特に欧州のセレブたちに愛され、いまでは全世界100カ国以上へ広がり、高い治療効果があるヒアルロン酸として注目されています。

 

医師の腕を標準化できる「MDコード」とは?

医師の腕を標準化できるMDコードとは?

ヒアルロン酸注入(注射)は、簡単そうに見えて難しい施術です。
注入する部位や量、深さなどで仕上りがまったく違うものになります。
そこで開発されたMDコードは、顔の番地表記みたいなもので、ガイドラインに沿うことで医師によって違っていた効果を標準化できるようになりました。
MDコードは進化を遂げていて、ほうれい線など凹みをふくらませる技術からリフトアップまで対応できるように洗練されています。

 

アラガン社から太鼓判を押される腕前のジョウクリニック院長

アラガン社から太鼓判を押される腕前

どんなにMDコードに沿って治療を進めようと、実はヒアルロン酸注入(注射)の仕上りは、ドクターの腕によって大きく左右されます。
当院の院長である重本譲は腕の良さで評判が高く、2017年度には「日本で一番ヒアルロン酸を使用したドクター」として、アラガン社から表彰されたほどです。
アラガン社も太鼓判を押す院長の腕前は、スピーディにためらいもなく次々と注入。
頭の中に独自のMDコードが存在していて、仕上がりが見えているからできる離れ業です。

 

ジョウクリニック院長がアジア版MDコード理論を開発

ジョウクリニックの院長がアジア版MDコード理論を開発

アラガンが推奨するMDコードは、西洋人の顔に合わせたガイドラインで、日本人の顔には向かないという欠点がありました。
彫りの深い顔立ちの女性にはジャストなのですが、平坦な顔立ちが多いアジア人には、調整が必要だったのです。
ジョウクリニックの院長である重本譲は、ヒアルロン酸注入(注射)の多くの経験から「アジア版MDコード理論」をつくりあげました!
日本人にも違和感のない、自然な仕上りにすることができるのです。

 

詳しく知りたい方、少しでも気になった方は是非カウンセリングへお越しください!
→ジョウクリニックHPへ

 

詳しい施術内容が知りたい方はこちらをクリック ▼

切らないリフトアップはこちら

 

この記事を監修した医師

 

重本 譲
医療法人 聖美会 理事長
ジョウクリニック 総院長
重本 譲
SHIGEMOTO JOE
Instagramはこちら

たるみ・シワカテゴリの最新記事