シミは簡単に取れる!?シミの種類と治療法

シミは簡単に取れる!?シミの種類と治療法

女性の永遠の悩みであるシミは、どうやって出来てしまったのか。原因やシミの種類、治療法をご案内します。

シミができる原因

原因1:紫外線

紫外線
シミの一番大きな原因として挙げられるのが紫外線です。肌トラブルの原因の約80%が紫外線によるものだと言われています。
ではなぜ紫外線を浴びるとシミができるのかというと、長年紫外線を浴び続けることで皮膚細胞の再性能力が低下し、メラニンが過剰に作られ、蓄積するようになります。
これがシミの原因になるのです。

原因2:女性ホルモンの変化

生理不順
妊娠中や出産後、生理不順など女性ホルモンのバランスが崩れやすくなっています。バランスが崩れると、一時的に黒色メラニンの生成が高まると考えられており、シミが増えることがあります。

シミの種類

日光性黒子(老人性色素班)

日光性黒子(老人性色素班)
シミの中で1番に多いシミが【日光性黒子】です。これまでに浴び続けてきた紫外線の積み重ねによってできる褐色のシミで、より濃くなる事もある為『老人性色素班』とも呼ばれています。
顔や腕など肌の露出部分に多くできてしまいますが、日々の紫外線予防で発症を防ぐことができます。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着
日焼け、かぶれ、傷跡、ニキビが色素沈着して残ったシミの事を表します。
年齢、性別を問わず現れます。
表皮のものはピーリングや美白化粧品が有効ですが、真皮にまで沈着してしまった色素は、自然に消えることはありませんのでレーザーでの治療が必要です。日々の紫外線予防で発症を防ぐことができます。

肝斑

肝斑
30~40歳以上の女性に多く見られ、顔に淡褐色のシミとして現れます。両頬や額、鼻の下、下顎に左右対称に現れるのが特徴です。
点というより、ぼやけたくすみが広がっているように見えることが多いため、シミだと気付かない人も多くいます。
肝斑の発症は女性ホルモンのバランスが影響しているともいわれ、更年期、ピル内服中、妊娠、出産時期に多く見られます。紫外線やストレスも原因になっていると考えられます。

そばかす

そばかす
顔に小さな斑点が広がる「そばかす」は遺伝的な要因で発生するシミと言われています。
直径2~3ミリの淡褐色斑。顔に多く、背中・胸元など紫外線のあたる場所にもできやすく、炎症症状がないことが特徴です。
肌の白い人に多く、幼少期から発症して思春期に目立つようになり、成人を過ぎると薄くなっていくケースが多いようです。
たばこ、ストレスなどで、新陳代謝の低下、ホルモンバランスの乱れ、ビタミンCの不足、血流が悪くなると悪化するとも言われています。

対称性真皮メラノサイトーシス

対称性真皮メラノサイトーシス
灰褐色から黒褐色の色素斑で、ほほでは点状に、額ではある程度広がりをもって生じます。両ほほに生じた場合、肝斑と見間違うこともあるシミです。20代以上の女性に見られます。
幼少期から真皮に隠れていたメラノサイトが、女性ホルモン、妊娠、炎症、紫外線の影響を受けて顕著化すると考えられています。

色素沈着型化粧品皮フ炎

顔面の淡褐色、褐色、灰色、あるいは紫褐色の色素沈着です。
主として中年女性の顔面(特にホホや顎、耳前部、側頸部)に、びまん性、網状、片側性、両側性と原因物質の接触部位により様々な範囲で様々な大きさで出現します。
肝斑の典型と異なり、眼瞼縁まで色素沈着が見られることもあります。
多くの場合は、紅斑やかゆみなどの炎症症状が起こる場合もありますがないこともあります。

老人性疣贅

扁平隆起性もしくは有茎性で表面がイボ状になっています。色々な大きさの結節で色調も正常皮フ色淡褐色から褐色やさらに黒色までと様々です。
盛り上がりのない「老人性色素斑」と混在することも多く見られます。部位としては顔面や頭部の脂漏部位に多いと考えられています。20歳後半から見られ、年齢に伴い増加傾向にあります。

遅発性太田母斑様色素沈着

20歳以降に出現することが多いとされています。眼の下からホホにかけて点状に数ミリの大きさです。色は茶褐色~青褐色の色素斑が固まってできます。

光線性花弁状色素班

両肩から上背部にかけて、対側性に花弁状ないし金平糖状の、境界鮮明な淡褐色から黒褐色の小色素斑が多発します。海水浴などの強い日焼けの後、1~3ヶ月して出現します。

摩擦黒皮症

ナイロンタオルによるシミ。境界が比較的不明瞭な淡褐色から黒褐色の色素斑が特徴です。
摩擦が強くかかる骨が隆起している部分(鎖骨、肋骨、肩甲部、脊椎、肘頭など)に見られることが多いと考えられています。

シミ・そばかすの主な治療法

美肌治療

フォトRFオーロラ

光+高周波のパワフルな美肌作り

光エネルギー(IPL)と高周波エネルギー(RF)を組み合わせたダブル効果により、シミやニキビを改善させる治療です。
光エネルギーがメラニンや赤みに反応することでシミやニキビを薄くしていきます。
高周波エネルギーは繊維芽細胞を刺激しコラーゲンやエラスチンの産生を促進。肌の奥深くまで効果が浸透し、毛穴もクリアに。
1回の治療直後から肌にハリがよみがえり、回数を重ねることでさらに透明感のある美肌へ改善されます。また、脱毛にも効果を発揮します。
今までのレーザー脱毛では難しかった、色の薄い毛や白髪にも対応し、軟毛やうぶ毛に対する効果も期待できます。
フォトRFオーロラ

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルとは、メラニン色素に反応する低出力のレーザーをお顔全体に当て、透明感を蘇らせながらも、肌の修復効果を活性化させるのが目的の治療です。
レーザーにはシミ・そばかす・色素沈着などを薄くする美白効果に加え、脱毛、コラーゲンの生成促進によるハリ感や毛穴の引き締め、さらにはニキビの改善など、さまざまな美肌効果があります。
そのレーザーを顔全体に当てるレーザーフェイシャルは、表皮や周辺組織にダメージを与えることなく、お肌の悩みをトータルで改善することを可能にした画期的な美容治療といえるのです。

こんな方におすすめ!

  • 肌のくすみが気になる
  • シミが目立ってきた
  • そばかすをなんとかしたい
  • 毛穴が目立っているのが気になる
  • 細かいシミや小ジワが気になる方
  • 肌の濃いうぶ毛が気になる

PICOレーザー(PICOway)

PicoWay(ピコウェイ)は、アメリカのSyneron-Candera社製(シネロン・キャンデラ)の医療用皮膚レーザーです。従来のQスイッチレーザーは、照射時間がナノ秒(10億分の1秒)に対して、ピコウェイはピコ秒(1兆分の1秒)単位で発振することができます。照射時間が短いことで、熱発生が軽減され、皮膚へのダメージが抑えられます。厚生労働省の薬事承認や、米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けているレーザー機器です。

◆ピコスポット(濃いシミ・薄いシミ・そばかすに有効!)
シミ取り・ホクロ除去に用いるオーソドックスな部分照射です。日光性色素斑(シミ)、ソバカス、ホクロ、唇のシミ、あざ(遅発性両側性太田母斑:ADM)などの気になる部分をスポットで照射します。
375ピコ秒と極短い照射時間で、熱がほとんど発生しないため、Qスイッチレーザーよりも痛みや皮膚へのダメージ、ダウンタイム軽くなります。照射した部分だけ、薄い膜状のかさぶたになることがあります。
また、光治療では難しい薄いシミにも対応し、刺青や眉のアートメイクの除去も可能です。

◆ピコトーニング(シミ・スキントーンアップ・美白・肝斑・ハリ・毛穴に有効!)
ピコレーザーによる低出力全顔照射。顔全体の色調をトーンアップし、ブライトニング効果と隠れシミ予防効果があります。肝斑の症状改善に非常に効果的です。

こんな方におすすめ!

  • シミ・そばかすを消したい
  • くすみや色素沈着を消したい
  • 肌質の改善をしたい

QスイッチYAGレーザー

QスイッチYAGレーザーは、非常に短い時間レーザーが照射されるレーザー治療です。
黒(シミ)に反応するようにできているため、シミ、ソバカス、入れ墨治療に最適なレーザーです。
照射時間を短くすることにより、周囲の皮膚へのダメージを最小限に抑え、傷が残ることもありません。逆に熱の発生を必要とする脱毛などはできません。

◆レーザートーニング(肝斑・シミに効果的)
日焼けや紫外線の影響、ホルモンバランスの乱れ、加齢によるお肌の劣化によって出来てしまった肝斑やくすみどうにかしたいそんなあなたにレーザートーニングがおすすめです。
レーザートーニングとは、新たに開発されたQスイッチYAGレーザーを使用した肝斑・シミ治療です。肝斑やシミの他にも毛穴の開きやくすみにも効果的で、肌に張りを出し、肌のキメを整えていきます。

マッサージピール(PRX-T33)

マッサージピール
強力な美白・コラーゲン増生作用!
マッサージピールとはイタリア製のPRX-T33という特別な薬剤を使ったピーリングのことです。

トリクロロ酢酸(TCA) 強力なピーリング剤で真皮の奥まで浸透し、細胞再生、コラーゲン生成を促進する。
皮膚バリア機能を変化させ、通常だと浸透しない過酸化水素を浸透させる。
低濃度過酸化水素 トリクロロ酢酸(TCA)の、肌表面での強い腐食作用(ピーリング作用)を抑制する。
また、創傷治癒の促進、血行促進の効果もある。
コウジ酸 くすみの軽減作用。
こんな方におすすめ!

  • シミ・肝斑・くすみが気になる
  • ニキビ跡が気になる
  • 美白になりたい

ケミカルピーリングとの違いは?

皮膚表面に作用するケミカルピーリングは異なり、マッサージピールはお肌の奥からうまれる高いハリ感に特徴があります。

マッサージピールは1回の治療で効果が出る?

1回でも効果を実感いただくことはできますが、治療効果を持続させるためには1~3週間おきに5回ほど継続することをおすすめします。

レチノールピール

レチノールピール
肌の奥からターンオーバーを促すピーリング
レチノールとはビタミンAのことを指します。ビタミンAは、ビタミンA1系のレチノールとビタミンA2系の3-デヒドロレチノールに分けられますが、一般的にはビタミンA=レチノールとして知られています。
レチノールはビタミンAの中でも体内で作用する活性型で、レチノールが酸化するとレチナールとなり、さらに酸化されるとレチノイン酸となります。体内で貯蓄される非活性型はレチニルエステルといいます。

こんな方におすすめ!

  • シミ・シワが気になってきた
  • ニキビや皮脂の多さが悩み

ワンランク上の肌質改善治療

美肌

ヴェルベットスキン

『ダーマペン×マッサージピール』の最新コンビネーション治療
ヴェルベットスキンとは、「ダーマペン×マッサージピール」の最新コンビネーション治療です。
極細の針でお肌に微細な穴を開けるダーマペンを使用して、マッサージピールに使用されるPRX-T33という薬液を肌深部に届ける施術です。
マッサージピール単体の施術よりもしっかりと確実に肌の深部へ有効成分を浸透させることができます。コンビネーション治療による相乗効果は絶大で潤いやツヤだけでなく、毛穴を引き締め、透明感のある肌に導きます。施術後のお肌が”ヴェルベットの様に滑らか”ということからヴェルベットスキンと呼ばれ、従来のピーリングよりも高い美肌・美白実感したいという方に最適なワンランク上の美肌治療法です。

ヴェルベットスキン

こんな方におすすめ!

  • ニキビ跡が気になる
  • 毛穴の開きを引き締めたい
  • 肌のトーンを明るくしたい

ストロボフェイシャル

毛穴×ハリ艶肌
ストロボフェイシャル(ストロボスキン)は、ハイドラフェイシャルマッサージピールを組み合わせたピーリングです。どちらの施術も毛穴汚れや余分な角質の除去に高い効果を発揮しますが、コンビネーション治療によって、より高い相乗効果が期待できます。
施術は、先にハイドラフェイシャルの水流で古い角質や皮脂を軟化させながら毛・皮脂汚れを取り除きます。
その後、マッサージピールを行うことで肌深部の真皮細胞にアプローチし、表皮細胞を活性化させることで弾力やハリ感溢れる肌に導きます。

水光注射

お肌に極限までの潤いと白さを与える
水光注射とは、様々な美容成分をカクテルし、皮膚の浅い層へ均一に注入することで、滑らかで内側から輝くパールのような美肌に導くことが期待できる施術です。
水光注射によって、均等に注入された有効成分は、即効性が高く、お肌にツヤと潤いを与えます。 美容大国韓国では、艶と弾力のある肌のことを「水光皮膚」と呼ばれています。
美容感度の高い韓国で水光注射が大流行し、とても注目されている美肌注射です。オリジナルの美容成分をカクテルすることで、更なる相乗効果が期待できます。
そして、均一な注射が可能になったことにより、有効成分の効果を最大限に引き出すだけでなく、スピーディな施術が可能になりました。

 
水光注射

水光注射(ヴィタールインジェクター/Vital Injector)
1ショット5本の極細針でスピーディーに注入!ムラなく均一の深さへ正確・確実に有効成分を届けることが可能!
目元ギリギリまで施術が可能!若々しい目元を実現!皮膚を吸い上げて注入していくため、注入時の痛みが少なく、しかも確実に均一の深さへ注入することができます。また、これまでレーザーでは難しかった目の周囲への施術が可能なため、若々しい印象的な目元を取り戻すことが可能です。

 
水光注射

こんな方におすすめ!

  • 肌のハリがなくなってきた
  • 肌のたるみが気になる
  • ツヤのある瑞々しい肌を取り戻したい
  • 乾燥や小ジワが気になる
  • 毛穴を引き締めて小さくしたい
  • 法令線のシワが気になる
  • 顔の老化が気になる

 

詳しい施術内容が知りたい方はこちらをクリック ▼

美容皮膚科はこちら

 

この記事を監修した医師

 

重本 譲
医療法人 聖美会 理事長
ジョウクリニック 総院長
重本 譲
SHIGEMOTO JOE
Instagramはこちら

シミ・そばかすカテゴリの最新記事