目もとの若返り

眼瞼下垂術

Q眼瞼下垂の症状はないのですが、眼瞼下垂の手術をして目を大きくすることは出来ますか?
A

眼瞼下垂に対して行う手術方法で目の開きを大きくして黒目をはっきりと見せることは可能です。
しかしこれはあくまでも美容的なアプローチとなりますので、保険治療の対象にはなりません。

Q治療中に痛みはありますか?
A

局所麻酔の注射の際に、痛みがあります。
その後は麻酔が効いているので痛みをほとんど感じることなく施術が受けられます。

Q傷跡は出来ますか?
A

二重のラインがしばらく赤く目立ちますが、時間の経過とともにあまり目立たなくなります。

Qメイクはいつから可能ですか?
A

挙筋短縮埋没法の場合は、目の周りを避ければ当日よりメイク可能です。アイメイクは腫れが落ち着くまで(大体1週間)はご遠慮ください。
切開法の場合は抜糸後(7日後)より可能です。

Q眼瞼下垂は両目同時に起こるものですか?
A

片側だけにも起こりますし、両目で左右差が出る場合もあります。

Q眼瞼下垂で保険適応になるのはどのようなケースですか?
A

医師が「重度の眼瞼下垂症状がある」と診断した場合にだけ適応となります。また、保険診療で行える治療方法は「挙筋前転法」のみです。

眼瞼下垂の治療法は、症状の度合いによって変わってきます。
症状が軽い場合は「埋没法」、重度な場合は「切開法」が適応です。患者様に合った治療法は、診察して目の状態を確認してからご提案させていただきます。
診察やカウンセリングは無料ですのでお気軽にご来院ください。
保険診療ご希望の方は初診料が必要です。

眼瞼下垂術について詳しくみる

眉下切開術

Q手術は痛いですか?
A

注入する麻酔剤には痛みを緩和させる成分を入れております。
また麻酔量も必要最小限にしておりますので、注入時の痛みも最小限となります。
それでも怖い方のために、静脈麻酔をご用意しております。

Q術後腫れはどのくらい続きますか?
A

施術によるまぶた周囲の腫れは、大まかには3~4日で引いてきます。
むくんだ感じは1週間ほど続くこともあります。

Q術後メイクはどのくらいからできますか?
A

患部以外は直後からOKです。通常術後1週間後に抜糸を行います。
抜糸翌日から眉毛のメイクもOKとなります。

Q傷は目立ちますか?
A

手術後1~3か月間は術後の炎症による赤みや硬さがありますが、メイクでカバーできる程度です。
当院の方法は縫合を吸収性糸を用いた形成外科縫合でおこなうため、術後の傷あとはとても綺麗に仕上がります。
赤みの続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます。

Q術後痛みはありますか?
A

術後の痛みはほとんどありません。麻酔が切れてくると痛みを感じやすくなりますが、処方する鎮痛剤でコントロール可能です。

眉下切開術について詳しくみる

目の上たるみ取り術・脂肪取り術

Q傷痕は目立ちますか?
A

目の上たるみ取り術の場合、個人差がありますが手術後1~3ヵ月間は術後の炎症による赤みやや硬さが生じる可能があります。
目周りは皮膚が薄く、傷がとても綺麗に治るため、落ち着けば目立つことはあまりないところです。
赤みが続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます。

Q術後、どのくらいからコンタクトレンズ・メイクができますか?
A

メイクは施術箇所を避ければ当日より可能です。
目周りのメイクは腫れが落ち着くまで避けることをオススメしておりますが、どうしてもメイクを行いたい場合、目安としては大体1週間後(抜糸後)から可能です。
コンタクトレンズに関しても同様です。

Q腫れはどのくらい続きますか?また、内出血は起きますか?
A

通常、1~2週間前後でほとんど腫れは解消します。
また、個人差がありますがまれに内出血がでることがあります。
皮膚に出た場合はコンシーラーで隠せますが、吸収されるまでに1~2週間を要します。

Q治療後、痛みはありますか?
A

術後の痛みはほとんどありません。
念のため軽い鎮痛消炎剤を服用していただきます。

目の上たるみ取り・脂肪取り術
について詳しくみる

くぼみ目治療

Q簡単に施術できるくぼみ目の治療法はありますか?
A

「FGF注入」がおすすめです。
ダウンタイムが少なく施術時間も短いのが特徴で、効果もわかりやすく、
施術やダウンタイムに時間が割けない方や、間近に特別なご予定が控えている方等にもおすすめです。

Q効果が長持ちするくぼみ目の治療法はありますか?
A

効果を長持ちさせたい、半永久的な効果を得たい方は「脂肪注入」がおすすめです。
脂肪注入とは、自分の余分な脂肪を吸引し、不純物を除去した後、目の上の気になるくぼみに注入し、ボリュームをもたせ改善する施術です。
感触なども固くならないので、自然な仕上がりが期待できます。

脂肪の付き方、脂肪の減り方は1人1人それぞれ違うので、まずは目の状態を診察させていただき、注入量や注入する箇所を見極めて患者様のご希望に沿った施術プランをご提案いたします。

Qどの施術方法にすべきか悩んでいます…。
A

くぼみ目治療にはさまざまな施術方法がありますので、どの方法で治療するか悩まれる方はたくさんいらっしゃいます。
どの治療が適切かは患者様によって異なりますので、まずは目の状態を診察させていただき、最適な施術方法を見極めお伝えいたします。
カウンセリングは無料ですので、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

くぼみ目治療について詳しくみる

ハムラ法・裏ハムラ法

Qメイクやコンタクトレンズはいつから可能ですか?
A

メイクは施術箇所を避ければ当日より可能です。
アイメイクは裏ハムラ法の場合、腫れが落ち着くまで避けたほうがいいかとは思いますが、ハムラ法の場合、1週間後の抜糸終了後から可能です。コンタクトレンズは1週間控えてください。

Qダウンタイムはどれくらいかかりますか?傷跡は残りますか?
A

個人差がありますが、ダウンタイムは大体1週間程度になります。
仕上がりの目安としては大体3~6ヶ月です。傷跡に関しては、ハムラ法で施術した方で、赤みが強くとも1ヶ月~3ヶ月ほどで目立たなくなります。
裏ハムラ法については下まぶたの裏側を切開するので傷跡は見えません。

Qハムラ法と裏ハムラ法どちらを施術するか迷っています。
A

ハムラ法は眼窩脂肪による膨らみが大きい方でたるみ、シワの改善等、若返りを希望している方にオススメです。切開部分は下まつ毛のすぐ下になります。
裏ハムラ法は下まぶたの裏側を切開するので、表面に傷跡が残ってしまうのに抵抗がある方に向いています。ダウンタイムもハムラ法より裏ハムラ法の方が短く済みますので、忙しい方にオススメです。
どちらの方法に関しても目の下の脂肪を移動して膨らみ、くぼみを改善できますので、後はどちらの方法がより患者様に適しているかは、カウンセリングにて患者様の状態をみて、最適なご提案をさせていただきますので、気になる方はぜひご相談ください。

Qたるみと同時にシワもとることはできますか?
A

ハムラ法では余分な皮膚を切除できますのでたるみ、シワの改善が可能です。
しかし、目周りの小ジワ(ちりめんジワ)は改善しませんので、気になる方はリフトアップ施術やボトックス注入、PRP療法等の併用をオススメいたします。

ハムラ法・裏ハムラ法
について詳しくみる

下瞼たるみ取り術 / 経結膜脱脂術

Q傷跡は目立ちますか?
A

下瞼たるみ取り術の場合、個人差がありますが手術後1~3ヵ月間は術後の炎症による赤みや硬さが生じる可能性があります。
皮膚の傷はとても綺麗に治る場所で、落ち着けば目立つことはあまりないところです。
赤みが続く体質の方には術後検診で適切な治療をさせていただきます。
経結膜脱脂術の場合は下まぶたの内側を切開するので、外部から傷跡は見えません。

Q術後、どのくらいからコンタクトレンズ・メイクができますか?
A

メイクは施術箇所を避ければ当日より可能です。
目周りのメイクは腫れが落ち着くまで避けたほうがいいかとは思いますが、目安としては大体1週間後(抜糸後)から可能です。コンタクトレンズに関しても同様です。
経結膜脱脂法に関しては当日より目周りのメイクも可能ですが、腫れが落ち着くまでは避けたほうが無難です。(大体3日くらいで大きな腫れは収まります。)

Q腫れはどのくらい続きますか?また、内出血は起きますか?
A

通常、1~2週間前後でほとんど腫れは解消します。
また、個人差がありますがまれに内出血がでることがあります。
皮膚に出た場合はコンシーラーで隠せますが、吸収されるまでに1~2週間を要します。

Q治療後、痛みはありますか?
A

術後の痛みはほとんどありません。念のため軽い鎮痛消炎剤を服用していただきます

下瞼たるみ取り術 / 経結膜脱脂術
について詳しくみる

目の下の注入治療

Q簡単に施術できる目の下のクマの治療法はありますか?
A

「FGF注入」がオススメです。
ダウンタイムが少なく施術時間も短いのが特徴で、効果もわかりやすく、施術やダウンタイムに時間が割けない方や、間近に特別なご予定が控えている方などにもオススメです。

Q効果が長持ちする目の下のクマの治療法はありますか?
A

効果を長持ちさせたい、半永久的な効果を得たい方は「脂肪注入」がオススメです。
脂肪注入とは、自分の余分な脂肪を吸引し、不純物を除去した後、目の下の気になるくぼみに注入し、ボリュームをもたせ改善する施術です。
感触なども固くならないので、自然な仕上がりが期待できます。

脂肪の付き方、脂肪の減り方は1人1人それぞれ違うので、まずは目の状態を診察させていただき、注入量や注入する箇所を見極めて患者様のご希望に沿った施術プランをご提案いたします。

Qどの施術方法にすべきか悩んでいます…。
A

目の下の注入治療にはさまざまな施術方法がありますので、どの方法で治療するか悩まれる方はたくさんいらっしゃいます。
どの治療が適切かは患者様によって異なりますので、まずは目の状態を診察させていただき、最適な施術方法を見極めお伝えいたします。
カウンセリングは無料ですので、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

涙袋形成術(ヒアルロン酸)

Q施術中、痛みはありますか?
A

極細の針で注入するため痛みは大きくはありませんが、クリーム麻酔、氷冷をおこなうことで痛みが随分緩和されます。
ご希望に応じ静脈麻酔、ガス麻酔などで施術することも可能です。

Q運動はいつからできますか?
A

軽めの運動でしたら施術当日よりOKです。
こすったりすると内出血を引き起こすことがありますのでご注意ください。

Q入れたヒアルロン酸が動いたり、ずれてしまったり、凸凹ができたりしませんか?
A

注入したヒアルロン酸がずれることはありません。
また、分離しにくいヒアルロン酸を使用しているので、凸凹はできません。

Q涙袋形成術(ヒアルロン酸注入)は、繰り返し受けることはできますか?
A

もちろんです。ヒアルロン酸注入で約2年は涙袋が維持されますが、その後2~3年かけて体内に吸収されて目立たなくなります。
ふくらみが減り始めたら、再度お受けください。

Q涙袋形成術(ヒアルロン酸注入)を、断ることもありますか?
A

目の下がたるんでいる患者様は、涙袋を形成すると老けて見えることがあります。
その場合はカウンセリングでご説明をして、他の目元の施術をご提案しています。

涙袋形成術(ヒアルロン酸)
について詳しくみる

涙袋形成術(ナノファット)

Q1部位に何ccくらい注入しますか?
A

部位にもよりますが涙袋やクマなどの施術なら0.1-0.3㏄、しわなら0.6-1cc、凹みには1㏄以上注入します。

Q注入した分のどれくらいが残りますか?
A

体質や術後のケアなどによって、かなり差が出てきますが、一般的に30~70%ほどといわれています。
脂肪は、含まれる幹細胞の数によって定着率が大きく変化いたしますので、不純物を取り除き、極力幹細胞を多く含んだ脂肪を注入しております。幹細胞によって血管が生成され、血流によって酸素が脂肪に供給されると生着いたします。
生着しなかった脂肪は、分解されて吸収され、体外に排出されますが、稀にしこりなどの原因となる場合があります。
また、一旦定着した脂肪細胞がなくなることはありませんが、脂肪細胞は大きさが変化するため、体重などの増減により体積は変動いたします。

Q拒否反応などは出ませんか?
A

ヒアルロン酸などの異物ではなく、自分の脂肪を注入する施術ですので、拒否反応によるアレルギー反応などのリスクは非常に低い施術です。ただし、手術ですので副作用等のリスクが全くないというわけではなく、注入脂肪のしこり化、石灰化などのリスクはゼロではありません。
当院では、塊で脂肪を注入せず、細かく注入していくなどの施術技術によってリスク発生を極力抑える施策を行っています。

Qレントゲンなどで脂肪注入がバレたりしませんか?
A

定着した脂肪細胞は、自己組織になるためレントゲンなどに映ることはありません。

Q痩せ型なのですが、脂肪注入に使える分の脂肪が採取できますか?
A

痩せ型と一口にいっても、脂肪の付き方は大きな個人差がございます。
脂肪の質や付き方にも大きく関係しますので、実際に診察してから判断をさせていただきます。
基本的に顔の脂肪注入に使用する脂肪は少量ですので、問題なく採取できる方がほとんどです。

Q脂肪注入後、なんとなく注入部に違和感…これってしこり?相談に行ってもいいですか?
A

お気軽にご相談ください。診察をさせていただきます。
注入後、体質などによって術後6ヶ月まではダウンタイムとして一時的なしこりや違和感などが出る場合がございます。
ダウンタイムに関しては術前・術後にしっかりとご説明させていただきますが、説明よりも症状が重い、違和感がある、不安があるなどございましたら、お気軽にお問合せください。診察させていただきます。

Q脂肪注入治療後の赤みや腫れは、どのくらい続きますか?
A

肌の赤みや腫れなどの症状は、脂肪吸引部は治療後から平均1日~1週間ほど、脂肪注入部は治療後から平均1日~1週間ほど続きますが、個人差があります。

涙袋形成術(ナノファット)
について詳しくみる