脂肪吸引・痩身

脂肪吸引全般

Q脂肪吸引で取れる脂肪の限界はありますか?
A

当然、安全な範囲の量があります。一般的には体重の5%(例.体重60kgの方で3リットル)といわれます。
ジョウクリニックでは身長と体重のバランスをみて量を調節します。
なぜなら、150cm・50kgの方と、179cm・50kgの方が、同じ5%として2.5リットル取った場合、
170cmの方のほうが体に受けるダメージは大きいです。150cmの方のほうが皮下脂肪量が多く、2kgくらいの体重の減りは珍しいものではありません。
反対に、170cmの方が48kgになれば体力にも影響し、生活に支障が出てくることもあるかもしれません。
ですから、各患者様の体型、体力をみて、吸引する部位、吸引量を判断します。
術前検査で貧血の有無の確認も必要です。体重の約7%吸引することもよくあります。

また、手術時間が長いと体に与える負担がかかります。
よく、極細の管しか使用しないと謳っている広告をよく見かけますが、細い管だけで吸引をすればかえって時間がかかってしまいます。
ジョウクリニックでは、深い層では4~5ミリの太めの管でたくさん取り、ムラができないように3ミリの細い管で形を整えていきます。

Qどこでも吸引できますか?
A

できない部位があります。目の上下 (眼球は傷つく危険性があります)と鼻はできませんが、他は指から顔まで吸引できます。
顔の脂肪吸引はできないと思っておられる方がいらっしゃいますが、可能です。

Q脂肪吸引すると太りにくくなりますか?
A

本来、吸引したい部位は太りやすく痩せにくい箇所になります。
太るのは脂肪細胞自体が大きくなることですので、細胞数の変化がなければ理論的に太りにくい体質にはなりません。
脂肪吸引では、その部位をしっかり吸引すれば脂肪細胞自体、数が減りますので太りにくくなります。

Q凸凹にならないのですか?
A

均一に取れていなければ凸凹になってしまいます。
未熟なドクターがムラ取りをした場合や浅い層をたくさん取った場合には凸凹が起こる場合があります。

Qリバウンドは起こらないのですか?
A

「リバウンド」とは、ボールが落ちたときの跳ね返りのことをいいます。
それになぞらえて、ダイエットをしたときに体重が元に戻ることをいいます。
運動や食事制限をしていたダイエットは持続が難しいために元の生活に戻ってしまい、体重も元に戻りやすいですが、脂肪吸引の場合、脂肪細胞自体を取り除きますので現状の生活での努力はありません。
つまり、取り除いた分だけ減り、リバウンドも起きません。
しかし、まれに、脂肪吸引をしたら何を食べてもいい、と食欲を解禁してしまう方がいます。
ドカ食いしてしまったら体重が増えるのは致し方ありません。脂肪吸引しても食事量の適量は守っていただきたいものです。

Q体重は変化しますか?
A

ジョウクリニックでは、ほとんどの方が2000cc以上吸引しますので体重も減少します。
手術直後は麻酔液が体内に入っていますし、腫れもありますので一時的に吸引前よりも増加することがありますが、1か月ほど経過すると減少します。

Qどのような麻酔を使いますか?
A

局所麻酔と生食麻酔・静脈麻酔、部位に応じて硬膜外麻酔を併用します。
痛みに配慮した方法で手術を行いますので安心してお請けいただけます。

Q大量に出血しますか?
A

麻酔液には血管を締める薬が添加されています。
一部分のみの麻酔では出血が抑えられない部分が出てきますが、ジョウクリニックでは脂肪の全層に満遍なく麻酔液を注入するので全層の血管が小さくなり、出血を最小限に抑えることができます。そのため、術後の内出血の出方も少なくなります。

Q術後のケアを教えてください。
A

脂肪吸引は体内の水分の減少がありますので、吸引した量と同量以上の輸液(点滴)をします。
たとえば、3000cc吸引したならば500cc×6本の点滴をしなければなりません。
輸液量が不十分ですと急に血圧が下がって心臓に負荷をかけることもあります。
脂肪吸引の術後には個室でゆっくり、点滴をしながら十分に休憩することが必要です。

脂肪吸引について詳しくみる

顔の脂肪吸引

Q顔の脂肪吸引後の腫れについて教えてください。
A

顔の脂肪吸引の場合、腫れ・むくみ・内出血は他の部位の脂肪吸引と比較して軽度です。通常1週間前後で引きます。

Q顔の脂肪吸引の傷痕は目立ちますか?
A

皮膚切開部位は耳の裏側で約5mm程ですので、傷痕は目立ちません。

Q顔の脂肪吸引でリバウンドはしますか?
A

皮脂肪吸引では太る原因である脂肪細胞自体を吸引します。
一度脂肪吸引された部位では脂肪細胞が再生されることはありませんので、リバウンドすることはありません。

Q顔の脂肪吸引の手術中、手術後に痛みはありますか?
A

手術中は局所麻酔に加えて、静脈麻酔を併用します。
手術後は軽い痛みがありますが、通常お渡ししている鎮痛剤でおさまる程度です。

脂肪吸引について詳しくみる

高周波温熱治療

Q1回の治療で、どれ位の効果が期待できますか?
A

血流促進やむくみ改善等1回で効果を感じられる方もいらっしゃいます。
ただ、高周波温熱治療のみでの痩身治療は、1~2週間に1回の間隔で、5~10回程度の施術を推奨しています。
当院では、他にも様々な作用を持った痩身治療をご用意しておりますので、コンビネーション施術により、パーツ痩せから、体質改善まで対応できます。お気軽にご自身の目標期間などをお教えください。
脂肪吸引後の高周波温熱治療の効果は、内出血や腫れ・むくみ、術後の痛みが治まった後すぐに効果を実感していただけます。

Qダウンタイムや痛みはありますか?
A

ダウンタイム、痛みはありません。
高周波温熱治療は、従来の外科的手術の術後に伴う、痛み・腫れ・内出血、傷跡がない痩身・美肌治療です。
心地よい温かさを感じながら受けていただくことができます。

Q治療当日の運動や入浴、運転はできますか?
A

治療当日から、いずれも可能ですが、施術後の激しい運動、サウナは効果を減少させるため、控えてください。

高周波温熱治療
について詳しくみる

脂肪溶解注射 BNLS
(BNLS neo,BNLS ULTIMATE)

Q一回の治療でどのくらい効果がありますか?
A

注入部位や注入量によっても異なりますが、1回の施術でも効果は期待できます。
ですが、より理想的なフェイスラインを目指すなら、続けて3~5回ほどの治療を行うのがおすすめです。
治療の間隔は1週間ですので、最短約1ヶ月ですっきりとしたフェイスラインを手に入れることができます。

Qダウンタイムが少ないと聞きますが本当でしょうか?
A

はい、本当です。 痩身の施術の中でも、BNLSは注射での注入のみなので、メスで皮膚を切ったりする必要がなく、ダウンタイムの短さを実現することができています。

Q注入後、脂肪が元に戻ることはありますか?
A

基本的にリバウンドすることはありません。通常のダイエットでは脂肪細胞は小さくなるだけですが、『脂肪溶解注射BNLS(顔痩せ)』でのダイエットは脂肪細胞自身体の数を減らすので、リバウンドのリスクはほとんどありません。
ただ治療による脂肪細胞の減少量には個人差があり、お客さまの食生活や生活環境によってはリバウンドしてしまうこともあります。
美容のためにも、施術後も規則正しい食生活をするよう心がけましょう。

Q「BNLS ULTIMATE」 「BNLSneo」との違いはなんですか?
A

BNLS ULTIMATEは従来のBNLS neoに比べ、脂肪溶解効果が15%アップしています。
また、脂肪燃焼効果や肌の再生、老化防止効果などBNLSneoにはなかった効果もプラスされています。

Q数回注入する場合はどのくらいの期間を開ければよいですか?
A

一度、治療した後の次の治療は1週間以上開けてください。

Qマッサージや運動はしてもよいのでしょうか?
A

マッサージや有酸素運動などをしても問題ありません。
むしろ、マッサージでBNLSが広がり効果を高めることもあります。

脂肪溶解注射 BNLS
について詳しくみる

超音波+高周波治療 Dr.J EVOLUTION
【姫路・高知・松山・那覇・安城・京都院限定】

Q痛みはありますか?
A

多少ピリピリ感を感じる方もいらっしゃいますが、痛みはほとんどありません。

Q施術時間はどのくらいですか?
A

1箇所1回約20分ですので、ご希望の部位で多少の変動がございます。

Q施術後、運動などはできますか?
A

問題ございません。

超音波+高周波治療 Dr.J EVOLUTION
について詳しくみる

クールスカルプティング【那覇院限定】

Q施術中の痛みはありますか?
A

治療中は、器械を装着した際のひっぱられる感覚や冷たい感覚があります。
個人差がありますが、ヒリヒリ感や極度の冷たさを感じる場合もあるようです。
どちらも数分で慣れるとは言われていますが、心配な方は、治療前にカウンセリングで相談してみてください。
また治療後も、赤みが出たり、チクチク感が続く場合がありますが、数日から1週間ほどで治る場合がほとんどです。
こちらも心配な方は、医師にご相談ください。
※痛みの感じ方や赤みのあらわれ方には、個人差があります。

Q当日はサウナなど行っても大丈夫でしょうか?
A

問題ございません。

Q効果はどのくらいでわかりますか?
A

施術後、2~4カ月かけて、結晶化した脂肪細胞が老廃物となって体外へ排出されます。
多くの方が、1カ月後くらいから見た目の変化を実感され始めます。
※効果のあらわれ方には個人差があります。

Q治療は何回も必要ですか?
A

脂肪のつき方には個人差があります。脂肪のつき方とご希望のボディデザインをお聞きして、必要に応じた回数の治療を医師がご提案します。
2~6回の治療を行う方が多いですが、効果を実感していただくために、それ以上が必要な場合もあります。
事前に医師のカウンセリングを受けていただき、個人に合わせた治療プランを決めています。

Q男性でも受けられますか?
A

男性でも受けていただけます。男性につきやすいといわれる内臓脂肪は落とすことができませんが、指でつまむことができる皮下脂肪は治療対象です。
男性のみ、胸部も治療適用部位となります。

クールスカルプティング
について詳しくみる

GLP-1ダイエット 痩身ホルモン注射

Q注射は、1日に何回、身体のどこに注射するのでしょうか?
A

1日1回ずつ、直接皮下脂肪の多い、お腹や太腿に注射してください。
また、血液中のホルモン濃度を一定に保つため、注射する時間を一定に保つようお願いいたします。

Q注射の量は人によって異なりますか?
A

はい。お一人おひとりの体質 (体重や身長など) によって異なりますので、患者様の状態を細かく診察し、適切な量をお伝えいたします。

Q注射の量を間違えた場合は、どうすればいいですか?
A

過剰投与、追加で投与するのは危険ですので、次の日に繰り延ばすようにしてください。

QGLP1治療を何カ月続けると、リバウンドしにくくなりますか?
A

4ヶ月から6ヶ月を目処にし、体重が減少した場合にリバウンドしにくくなると考えられます。
個人差は大きいですが、糖質制限ダイエットなどのような、身体的に苦労するダイエットではない分、リバウンドはしにくいとされています。

Q治療を受けられない人を判断するために、血液検査(採血)を行っていたりしますか?
A

血液検査は必須ではないですが、必ず医師による問診と説明を行っております。

Qオンライン診療とはどんなものなのですか?
A

パソコンやスマートフォンを使用し、自自宅などから医師の診察を受けられます。
GLP-1注射は郵送にてお届けいたします。
メールでの無料カウンセリング予約を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。
※当日及び翌日のご予約、細かなご相談が必要な場合はお電話ください。
オンライン診療の診療予約はこちら

Q食事制限や運動はしなくていいのでしょうか?
A

GLP-1ダイエット法では、1日1本注射し、1日1回製剤を投与することで自然と食欲が落ち、少ない量で満足できます。
その結果、減量できるダイエットで方法になります。
バランスのとれた食事・適度な運動をする事で更に健康な体作りにつながります。

Qサクセンダを個人輸入や通販で購入しても良いでしょうか?
A

結論から申しますと、GLP-1ダイエット薬の個人輸入や通販は推奨しておりません。
費用をどれだけ安く抑えられても、安全性の面で確実ではないためです。
また、使い方の指導もなく投与量の管理も自己責任となると、副作用などの大きなリスクが生じます。
万が一、重篤な副作用が起きた場合、適切な対応をとれない可能性があります。
危険性、リスクが高いため、使用する場合は必ず医療機関で診察や処方、経過診察を行いましょう。

QGLP-1の内服薬はありますか?
A

内服用GLP-1ではありませんが、当院では痩身薬として食欲抑制剤の「サノレックス」、及び摂取した油分の約30%を排泄する「ゼニカル」をご用意しております。
ご興味のある方はご相談ください。

QGLP-1のサプリは効果がありますか?
A

GLP-1サプリの効果は解明されておらず、ダイエット効果は期待できないでしょう。
GLP-1サプリの成分は食物繊維やEPAなどで、腸の動きを活発にすることでGLP-1が分泌されるという風にされています。
しかし、医学的根拠に乏しく、あくまで健康補助のための市販薬なので、手を出さず他の治療方法を試した方が安全です。
取り入れる場合は生活習慣を見直し、複数の対策の1つとして取り組んでください。

GLP-1ダイエット 痩身ホルモン注射
について詳しくみる