口の整形

口の整形全般

Qなるべくバレたくないのですが、バレずに手術できますか?
A

外側に傷痕が残らない施術も数多くございます。
ただし、手術の場合にはどうしても腫れや赤みが出るため、ダウンタイムなどを考慮する必要がございます。
ダウンタイムが極力少ない施術をご希望の場合には、「口唇ヒアルロン酸注入」などがオススメです。
患者様のご都合に合わせて施術をご提案いたしますので、まずはご相談ください。

Q口の整形は痛いですか?
A

当院では口の手術は基本的に静脈麻酔で行っておりますので、痛みを感じることはありません。
局所麻酔下での手術を希望される場合、ブロック麻酔を併用しますので、麻酔を打つときの痛みも最小限です。
ヒアルロン酸注入は局所麻酔を使用いたします。

Q口もとの整形で印象を若々しくできますか?
A

加齢によって唇は痩せ、口角は下がっていきます。
唇が痩せている方は口唇ヒアルロン酸注入・脂肪注入、口角が下がっている方は口角挙上術によって若々しい印象を作り出せます。

Q施術後、食事する時に支障などはありませんか?
A

口唇ヒアルロン酸注入・脂肪注入は、麻酔が切れ次第通常の食事が可能です。
唇の整形手術をした際は数日~2週間ほど刺激の強いもの、煎餅など細かい破片の出るものや固い食べ物はお控えください。

Q他の部分と同時に整形できますか?
A

可能です。
ただし、ガミースマイル人中短縮術は施術箇所が干渉するため同時に施術はできません。

Q効果は一生続きますか?
A

口唇ヒアルロン酸注入はヒアルロン酸が吸収されるため、約9ヵ月~1年前後の効果期間です。
口唇の脂肪注入、手術による口の整形は半永久的な効果があります。

口の整形の比較

Q唇の形を一番変えられるのはどの施術ですか?
A

どのように口の形を変えたいかによって適した施術は違います。
まずはご相談ください。

Q最も気軽にできる施術はどの施術ですか?
A

口唇ヒアルロン酸注入です。
注射のみで気軽に唇の形を変えられます。

口の整形の修正

Q他院で唇にヒアルロン酸を注入後、凹凸になってしまいました。修正できますか?
A

可能です。
ヒアルロン酸を溶かして除去し、新しいヒアルロン酸や脂肪を注入して患者様の望む唇に形成もできます。

Q他院で受けた手術の痕が気になります。修正できますか?
A

可能です。
再手術による修正や、レーザーによる傷痕の治療もできます。
傷の状態によってすぐには施術できかねる場合もありますので、まずは診察にお越しください。

ジョウクリニックの口の整形
について詳しくみる

口唇縮小術

Q痛みはありますか?
A

最初に麻酔を注射する際にチクっとした痛みがございますが、麻酔が効いている術中は全く痛みは感じないのでご安心ください。
術後に軽い痛みや違和感がでる場合がございますが、1〜3日程度で自然に消失します。必要時は鎮痛剤を使用可能です。

Q術後の生活に制限はありますか?
A

術後間もない間の食事の際、アルコール類や刺激の強い香辛料などは避けたほうが良いでしょう。
一時的に、口の開けにくさや動かす際の違和感が生じることがありますが、日常生活に大きく支障が出るようなことはありません。
時間の経過と共に改善されます。

Q腫れや傷跡は目立ちますか?
A

抜糸後の傷跡は、本来ある皮膚と粘膜の境界に一致するためほとんど目立ちません。
また、この部分は修復力が高いので、傷口の治りも早く、仕上がりもきれいです。
手術直後が腫れのピークになり、数日間は現在の唇の厚みの1~2割増ぐらいになるイメージです。
数週間は腫れが続く場合がありますが、徐々に落ち着いていきますのでご安心ください。

Q元に戻ってしまうことはありますか?
A

手術の効果は半永久的であり、手術によって切除した部分が元に戻ることはありませんのでご安心ください。

口唇縮小術を詳しくみる

ガミースマイル(上唇内側切除)

Q痛みや腫れはありますか?
A

最初に麻酔を注射する際にチクっとした痛みがございますが、麻酔が効いている術中は全く痛みは感じないのでご安心ください。
痛み止めで抑えられる程度の痛みを感じることがあります。腫れは1週間程度で治まります。

Q傷跡は残りますか?
A

唇の裏側を手術するため、傷跡は目立ちません。
3〜6か月経過すれば、傷跡がわからないくらいにきれいになります。

Q術後の生活に制限はありますか?
A

手術後は、刺激物を避け、柔らかいものから食べ始めるようにしてください。また、口内を清潔に保つよう心がけてください。
一時的に、口元に違和感が生じることがありますが、日常生活に大きく支障が出るようなことはありません。
時間の経過と共に改善されます。

Q効果はどれくらい長持ちしますか?
A

半永久的に効果が持続します。

ガミースマイル
(上唇内側切除)
について詳しくみる

口角挙上術

Q痛みを感じることはありますか?
A

最初に麻酔を注射する際にチクっとした痛みがございますが、麻酔が効いている術中は全く痛みは感じないのでご安心ください。
術後に軽い痛みや違和感がでる場合がございますが、徐々に改善していきます。必要時は鎮痛剤を使用可能です。

Q術後の生活に制限はありますか?
A

一時的に、口の開けにくさや動かす際の違和感が生じることがありますが、日常生活に大きく支障が出るようなことはありません。
時間の経過と共に改善されます。

Q傷跡は目立ちますか?
A

引き上げるデザインにより、傷の部位や長さは異なります。
出来るだけ口角挙上の傷が目立たないように、傷の位置を調整したり、丁寧な縫合を心がけています。
術後は落ち着くまで3ヶ月~半年程かかることがありますが、その間お化粧でカバー出来る程度です。

Q効果はどれくらい長持ちしますか?
A

効果は半永久的であり、口角挙上術の効果が全く無くなることはありませんが、加齢により症状が再度出現してくる可能性はあります。

口角挙上術を詳しくみる

口唇ヒアルロン酸注入

Qもっと価格の安いヒアルロン酸注入がありますが....
A

純正でなかったり薄めて使用するクリニックは低価格で提供が可能ですが、持続効果が短くなったり、感染症のリスクが高まります。
当院では、メーカー純正品のヒアルロン酸を薄めず使用しているので、持続力が違います。安心して治療を受けていただけます。

Q唇へのヒアルロン酸注入は、どれくらい持続しますか?
A

残念ながら、持続期間・効果は永久ではありません。
通常3ヶ月~1年程度と言われてますが、当院のヒアルロン酸は最先端なもので、1年半前後もの持続性があります。

Q口唇ヒアルロン酸注入は、唇にうるおいを感じますか?
A

ヒアルロン酸は元々体内にある保水力に優れた物質なので、ずっと唇がみずみずしく、潤っている実感があります。

脂肪注入

Q痩せ型なのですが、脂肪注入に使える分の脂肪が採取できますか?
A

痩せ型と一口にいっても、脂肪の付き方は大きな個人差がございます。
脂肪の質や付き方にも大きく関係しますので、実際に診察してから判断をさせていただきます。
基本的に顔の脂肪注入に使用する脂肪は少量ですので、問題なく採取できる方がほとんどです。

Q脂肪注入治療後の赤みや腫れは、どのくらい続きますか?
A

肌の赤みや腫れなどの症状は、脂肪吸引部は治療後から平均1日~1週間ほど、脂肪注入部は治療後から平均1日~1週間ほど続きますが、個人差があります。

Q拒否反応などは出ませんか?
A

ヒアルロン酸などの異物ではなく、自分の脂肪を注入する施術ですので、拒否反応によるアレルギー反応などのリスクは非常に低い施術です。ただし、手術ですので副作用等のリスクが全くないというわけではなく、注入脂肪のしこり化、石灰化などのリスクはゼロではありません。
当院では、塊で脂肪を注入せず、細かく注入していくなどの施術技術によってリスク発生を極力抑える施策を行っています。

口唇ヒアルロン酸注入・
脂肪注入
について詳しくみる

人中短縮術(リップリフト)

Q術後の腫れや痛みはありますか?
A

施術中は痛みを感じることはほとんどありません。
施術後、腫れは1週間程度、内出血は1~2週間程度で、痛みは数日間で落ち着きます。

Q施術を受けられない人はいますか?
A

基本的に受けられないことはほとんどありません。(※未成年の方は親権者の同意が必要です)
ただし、人中を短くすることでお顔全体のバランスが悪くなってしまう場合などは、人中短縮術が適していないと判断する可能性があります。

また、笑った時に歯茎が見える「ガミースマイル」の方は、より歯茎が露出してしまう可能性が高いため、人中短縮術はオススメできません。
まずは一度、お気軽にご相談ください。

Q効果はいつまで持続しますか?
A

メスを使用し余分な皮膚を切除するため、基本的に半永久的に効果が持続します。
回数を重ねず、一度の施術で効果を長期間持続させたい方にオススメです。

Q他の施術との組み合わせは可能ですか?
A

可能です。
自家組織移植術で耳介軟骨を使用し鼻柱に移植することで、鼻柱を下に下げて鼻の下をより短く見せられます。
また、上唇にヒアルロン酸注入しボリュームを加えることで、より人中が短く見えるようになります。

口を閉じた時でも微笑んで見える、口角を引き上げる「口角挙上術」とのセットもオススメです。
口角の筋肉に直接アプローチすることにより、唇の印象の大きな変化が期待できます。

人中短縮術(リップリフト)
について詳しくみる