胸の整形・豊胸手術 よくある質問 | ジョウクリニック 大阪・梅田院

豊胸術

  • [インプラント(バッグ)挿入法] 豊胸治療にも色々ありますが、どう違いがあるのですか?
    ジョウクリニックでは4種類の方法で治療しています。もっとも広く知られているのは、「シリコンバッグ」を入れる方法です。一番即効性があり、効果も納得できる施術です。メスを使った施術が怖いという方には、光を使った「IBE光」と、ヒアルロン酸注射がおすすめです。今、ジョウクリニックで一番におすすめしている治療は、脂肪注入です。患者様の脂肪をお腹などから吸引し、胸に注入する方法です。患者様ご自身の脂肪ですので、定着しやすく、より安全です。
  • [インプラント(バッグ)挿入法] インプラント(バック)挿入法について教えてください。
    豊胸の中でも最も有名なのがこのタイプで、生理食塩水やシリコン素材などの医療素材を使用した豊胸手術です。これまでは長期にわたるマッサージを必要とするものや、シリコンの硬さが気になるものも多くありました。ジョウクリニックで使用するものはインプラント表面がざらざらしているテクスチャードタイプを使用するため、インプラントと組織が結合しやすく、マッサージ不要で感触も外見も自然に近い仕上がりです。(場合によっては、ツルツルしたタイプのバッグを入れてマッサージすることもあります。)
  • [インプラント(バッグ)挿入法] シリコンバッグが入っていても、乳輪回りの医療脱毛は可能でしょうか?
    レーザー脱毛は可能です。
  • [インプラント(バッグ)挿入法] シリコンバッグを入れると胸が冷たく感じるという話を聞いたのですが、冷たくなるのですか?
    豊胸バッグは熱をもちにくい性質があるので、特に身体が冷たくなる秋や冬場に感じる人が多いです。元々胸がない人が豊胸バッグを挿入すると、乳腺が少なかったり、バスト部分の皮膚が伸びて薄くなったりするので、よりダイレクトに冷たさを感じやすくなることがあります。
  • [インプラント(バッグ)挿入法] 18歳ですがシリコンバッグの豊胸を考えています。可能でしょうか?
    可能です。ただし未成年の方は親族の同意が必要で同意書を書いていただきます。
  • [インプラント(バッグ)挿入法] 乳がん検診を受けることは可能ですか?
    可能ですが、検診前などに申告しておくことをお勧めします。
  • [インプラント(バッグ)挿入法] 他院でシリコンバッグを入れましたがバッグを抜きたいです。ただ、今授乳中なのですが、麻酔による授乳の影響はありますか?
    麻酔による授乳中の影響がないとは言えないため断乳後にシリコンバッグを抜いたほうがよいでしょう。
  • [インプラント(バッグ)挿入法] シリコンバッグを入れたら胸を触っても感触などはあるのでしょうか?傷はどれくらいの期間わかるのでしょうか?
    感触はあります。傷に関しては3~6ヶ月で殆どわからなくなります。
インプラント(バッグ)挿入法 (8件)について詳しく見る
  • [脂肪幹細胞注入法] 脂肪幹細胞注入法について教えてください。
    ご自身のおなかやお尻といった部分から余分な脂肪を採取し、極細のカニューレを用いて少量ずつ丁寧に形を整えながら胸に注入します。自分の脂肪を使用するのでアレルギー反応や副作用の心配もほとんどなく、安全性に優れているのも特徴です。脂肪吸引によって痩せる効果とバストを一回り大きくする効果のWのメリットがあります。
  • [脂肪幹細胞注入法] かなり痩せているのですが、胸がないのがコンプレックスです。シリコンバッグではなく自分の脂肪を胸に入れたいのですが、可能でしょうか?
    脂肪吸引量に限界はありますが、脂肪を注入することは可能です。どの程度採取できるかは診察での判断になります。
  • [脂肪幹細胞注入法] 現在Aカップで悩んでいます。Cカップにしたいと思いますがどれくらいの脂肪を取りますか?
    体形にもよりますが、約200~250cc(片方)です。
脂肪幹細胞注入法について詳しく見る
  • [ハイブリッド豊胸] どのくらいまでボリュームアップ可能ですか?
    インプラント(シリコンバック)の大きさに応じてボリュームアップ可能です。
  • [ハイブリッド豊胸] 傷痕は目立ちますか?
    わきの下のシワに沿って切開しますので、時間の経過とともに目立たなくなります。
  • [ハイブリッド豊胸] マッサージは必要ですか?
    基本的にマッサージは不要です。当院ではインプラント表面がざらざらしているテクスチャードタイプを使用するため、インプラントと組織が結合しやすく、シリコンの硬化を防ぐ効果があります。
    (場合によっては、ツルツルしたタイプのバッグを入れてマッサージすることもあります。)
  • [ハイブリッド豊胸] 施術後にバッグプロテーゼを取り除いた場合、元のバストサイズに戻りますか?
    バッグプロテーゼを取り除いた分、バストサイズは小さくなりますが、注入した脂肪が残っている分はバストアップしたままの状態を維持できます。
  • [ハイブリッド豊胸] バストにバッグプロテーゼを挿入しましたが、もっとボリュームアップしたい場合、バッグを入れ替えないといけないのでしょうか。
    すでにバッグを挿入している場合でも、その上から脂肪幹細胞注入を行うことが可能です。
    そのため、バッグを入れ替えずにボリュームアップさせることができます。
    もちろんシリコンバックの入れ替えも可能です。
ハイブリッド豊胸について詳しく見る
  • [セルチャー豊胸] 大きくサイズアップしたいのですが、セルチャー豊胸でできますか?
    基本的に、脂肪注入系施術での豊胸は、片胸で250cc前後が限度となります。
    患者様の胸の形や体質などにもよりますが、これは2cupほどアップさせるくらいの注入量だと考えてください。
    ただ、それ以上一度に注入してしまうと、皮膚の中で脂肪が窒息してしまい、定着率が低くなってしまったり、しこりなどのトラブルの原因となったりしてしまいます。
    脂肪幹細胞注入で大きくサイズアップする場合、脂肪が窒息しないよう皮膚が伸びるのを待ちながら、何度かに分けて注入することで大きくサイズアップさせることが可能です。
    セルチャー豊胸ですと、一度の注入で定着量が多いため、一度で2カップ程度の豊胸が可能なことが多いです。
    思い通りの胸の形にしたい、一度で大きくサイズアップしたいなどのご要望の場合、インプラント豊胸がおすすめとなります
  • [セルチャー豊胸] 注入した分のどれくらいが残りますか?
    体質や術後のケアなどによって、かなり差が出てきますが、セルチャー豊胸の定着率は普通の脂肪注入豊胸よりも高く、一般的に70~90%ほどといわれています。
    脂肪は、含まれる幹細胞の数によって定着率が大きく変化いたしますので、不純物を取り除き、培養した幹細胞を多く含んだ脂肪を注入しております。
    幹細胞によって血管が生成され、血流によって酸素が脂肪に供給されると生着いたします。
    生着しなかった脂肪は、分解されて吸収され、体外に排出されますが、稀にしこりなどの原因となる場合があります。
    また、一旦定着した脂肪細胞がなくなることはありませんが、脂肪細胞は大きさが変化するため、体重などの増減により体積は変動いたします。
  • [セルチャー豊胸] 拒否反応などは出ませんか?
    インプラント(バッグ)やヒアルロン酸などの異物ではなく、自分の脂肪を注入する施術ですので、拒否反応によるアレルギー反応などのリスクは非常に低い施術です。
    ただし、手術ですので副作用等のリスクが全くないというわけではなく、注入脂肪のしこり化、石灰化などのリスクはゼロではありません。
    当院では、脂肪の幹細胞含有率を上げ、まんべんなく脂肪を注入するなど、施術技術によってリスク発生を極力抑える施策を行っています。
  • [セルチャー豊胸] レントゲンなどで豊胸がバレたりしませんか?
    定着した脂肪細胞は、自己組織になるためレントゲンなどに映ることはありません。
    ただし、万が一しこり、石灰化などをしてしまっていたり、小嚢胞ができている場合は、影のように映りこむ場合がございます。
    検診を受ける際には豊胸を事前に申告いただくことをおすすめしております。
  • [セルチャー豊胸] 妊娠、出産や授乳などに影響は出ませんか?
    基本的に豊胸は授乳などには影響いたしません。
    授乳に関連するのは、乳腺、乳管などになりますが、基本的に豊胸は乳腺下にヒアルロン酸や脂肪・インプラントを入れる施術となりますので、乳腺や乳管と干渉しないため、授乳などに影響はございません。
  • [セルチャー豊胸] 痩せ型なのですが、豊胸に使える分の脂肪が採取できますか?
    痩せ型と一口にいっても、脂肪の付き方は大きな個人差がございます。どれくらい痩せ型かにもよりますので、まずは診察いたします。
    基本的に、セルチャー豊胸では定着率が高く、脂肪加工時のロスも少ないため、痩せ型の方でも受けて頂きやすい脂肪注入施術となります。
    全く脂肪のついていない方から採脂をするのは難しいですが、経験のある医師ならではの判断で採脂部位を確認しますので採れない方はほとんどいらっしゃいません。
    脂肪の質や付き方にも大きく関係しますので、実際に診察してから判断をさせていただきます。
  • [セルチャー豊胸] 脂肪を注入することによって、乳がん検診などに影響が出たりしますか?しこりが乳がんになりやすくなったりしませんか?
    結論から言うと、ピュアグラフト豊胸ではマンモグラフィー、エコー検査共に影響が出ることはなく、しこりが乳がんになる医学的根拠もありません。

    ピュアグラフトでの豊胸は、自身の脂肪ですので検査などに影響が出ることはありませんのでご安心ください。
    ただし、ピュアグラフト豊胸で万が一しこりが出来てしまった場合、がんに誤診される可能性がございますので、検査時は事前に医師に申告しておくことをおすすめいたします。

    また、ピュアグラフト豊胸のトラブルでできるしこりや石灰は、嚢胞やオイルシストと呼ばれるしこりが炎症を起こし、そこにカルシウムが結びつくことで発生するもので、乳がんとは全く違うメカニズムで発生するものです。 乳がんは乳腺組織である乳管や小葉から発生するもので、注入された脂肪細胞は、基本的にがん化するとは考えにくいといわれています。
  • [セルチャー豊胸] 脂肪注入後、なんとなく胸に違和感…これってしこり?相談に行ってもいいですか?
    お気軽にご相談ください。診察をさせていただきます。
    豊胸後、体質などによって術後6ヶ月まではダウンタイムとして一時的なしこりや違和感などが出る場合がございます。
    ダウンタイムに関しては術前・術後にしっかりとご説明させていただきますが、説明よりも症状が重い、違和感がある、不安があるなどございましたら、お気軽にお問合せください。診察させていただきます。
    アプリを使用し、オンライン診療 させていただくことも可能ですのでご利用ください。
セルチャー豊胸について詳しく見る
  • [ヒアルロン酸] 1カップバストアップするのにどのくらいの量が必要ですか?
    元の胸のサイズや希望の形によって様々です。AをBにするのとCをDにするのでは量が異なりますし、おわん型にするのと、釣鐘タイプでは量が異なります。一度診察で相談されることをおすすめいたします。
  • [ヒアルロン酸] ヒアルロン酸は安全ですか?
    ヒアルロン酸は体内に元々存在する成分のため安全です。その裏付けとして吸収されるわけです。
  • [ヒアルロン酸] ヒアルロン酸の注射は胸に何か所も針を刺すのですか?
    1か所のみです。
  • [ヒアルロン酸] 施術中は痛いですか?また施術後は痛いですか?
    施術中は局所麻酔をいたしますので痛くありません。ただ、注入後になじませるマッサージはつまむ感じで施しますので、そこは痛みに感じるかもしれません。施術後は生理中のようなハリを感じます。普段からハリを痛みと感じる人は痛いと感じるかもしれません。
ヒアルロン酸について詳しく見る
  • [ピュアグラフト] 施術後の痛みは何日くらい残りますか?
    痛みは個人差ありますが、大体1週間程度です。なかにはまったく痛みが出なかったという方もいます。
  • [ピュアグラフト] デスクワークと立ち仕事をしているのですが、施術後どのくらい休暇を取っておいた方が良いですか?
    できれば1週間程度お休みがあればより安全ですが、3日程度のお休みで受ける方もいます。
  • [ピュアグラフト] ピュアグラフトの定着率はどれくらいですか?
    定着率は、条件や個人差により変わりますが、平均定着率は、5割弱程度とお話ししています。
  • [ピュアグラフト] ピュアグラフトのメリットはなんですか?
    独自のフィルターで不純物を取り除いたピュアな濃縮脂肪細胞を注入することで、従来の脂肪注入より生着率が格段に向上し、しこり(石灰化)のリスクを大幅に減らします。
  • [ピュアグラフト] ピュアグラフトの腫れについて教えてください。
    個人差ありますが、脂肪吸引部は1~2週間、バストは5~7日間位です。
  • [ピュアグラフト] ピュアグラフトの痛みについて教えてください。
    全身麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔を駆使して、無痛の内に終了します。術後のバストの注入部に強い痛みはありません。吸引部は、吸引量による個人差はありますが、筋肉痛の様な感じで、ほぼ2週間までに消失していきます。
ピュアグラフトについて詳しく見る

胸の形成

  • [陥没乳頭形成術] 術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?
    触れると軽い痛みはありますが、日常生活は翌日から普通におくれます。仕事は翌日から通常通り可能です。
  • [陥没乳頭形成術] 運動はいつからできますか?
    運動は抜糸までの1週間ほど控えていただいております。
  • [陥没乳頭形成術] 手術は痛いですか?
    基本的に静脈麻酔で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。ご希望に応じ局所麻酔で行うこともあります。
  • [陥没乳頭形成術] 傷は目立ちますか?
    乳頭は傷の最も目立ちにくい場所といえます。手術終了時の縫合も形成外科的縫合を行いますので、傷は最小限となります。
  • [陥没乳頭形成術] 授乳に影響しますか?
    陥没乳頭の重症度にもよります。授乳にまったく影響ないとは言えない治療なので、機能温存に最大限配慮し、可能な限り乳管を守りながら手術をおこないます。
陥没乳頭形成術について詳しく見る
  • [乳頭縮小術] 術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?
    触れると軽い痛みはありますが、日常生活は翌日から普通におくれます。仕事は翌日から通常通り可能です。
  • [乳頭縮小術] 運動はいつからできますか?
    運動は抜糸までの1週間ほど控えていただいております。
  • [乳頭縮小術] 手術は痛いですか?
    基本的に静脈麻酔で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。ご希望に応じ局所麻酔で行うこともあります。
  • [乳頭縮小術] 授乳に影響しますか?
    当院では乳管を温存しながら、術後の授乳にも影響を及ぼさない安全な術式で、ご希望の形状に合わせたデザインを形成していきます。授乳に影響はありませんのでご安心ください。
乳頭縮小術について詳しく見る
  • [乳輪縮小術] 術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?
    触れると軽い痛みはありますが、日常生活は翌日から普通におく れます。仕事は翌日から通常通り可能です。
  • [乳輪縮小術] 運動はいつからできますか?
    運動は抜糸までの1週間ほど控えていただいております。
  • [乳輪縮小術] 手術は痛いですか?
    基本的に静脈麻酔で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。ご希望に応じ局所麻酔で行うこともあります。
  • [乳輪縮小術] 傷は目立ちますか?
    当院では乳頭基部において乳輪内側の皮膚切除による乳輪縮小術を行います。乳頭基部は傷の最も目立ちにくい場所といえます。手術終了時の縫合も二重のサークル縫合+形成外科的縫合を行いますので、傷は最小限となります。
  • [乳輪縮小術] 授乳に影響しますか?
    当院では乳管を温存しながら、術後の授乳にも影響を及ぼさない安全な術式で、ご希望の形状に合わせたデザインを形成していきます。授乳に影響はありませんのでご安心ください。
乳輪縮小術について詳しく見る
  • [乳房縮小術] 手術後の腫れ、内出血はどのくらいでひきますか?
    手術後およそ2週間でひいてしまいます。
  • [乳房縮小術] 術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?
    筋肉痛の様な痛みは出現しますが、強力な鎮痛剤を使用しますので、日常生活は翌日から普通におくれます。デスクワークなどは術後2-3日より復帰可能です。腕をよく使う仕事の方は1週間程度お休みがあると安心です。
  • [乳房縮小術] 運動はいつからできますか?
    激しい運動は1カ月ほど控えていただいております。
  • [乳房縮小術] 手術は痛いですか?
    基本的に全身麻酔と硬膜外麻酔の併用で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。
  • [乳房縮小術] 傷は目立ちますか?
    当院では、傷跡は最小限とするために、皮膚縫合を丁寧に形成外科的におこない、抜糸後は専用テープを用いてメンテナンスを行います。乳輪周囲にギャザーと言われる余剰皮膚の辺縁がしわになりますが、これも経過とともに目立ちにくくなります。ただし、乳房全体の形態を整える手術なので、程度にもよりますが、傷の範囲はやや大きくなります。大きなものを小さくする手術は縫合部に緊張がかかりますので、傷が成熟するまでの時間もやや長く要することが通常です。
  • [乳房縮小術] 授乳に影響しますか?
    当院では乳頭から乳腺へのつながりを温存して手術を行うため、不必要に乳腺組織を損傷することはありません。乳腺組織の減量が必要な場合、乳腺下部などの末梢組織から減量しますので、授乳は可能です。授乳には影響はありませんのでご安心ください。
乳房縮小術について詳しく見る
  • [乳房吊上術] 手術後の腫れ、内出血はどのくらいでひきますか?
    手術後およそ2週間でひいてしまいます。高周波温熱療法(CET)を行うことで腫れ、内出血の消退を早めます。
  • [乳房吊上術] 術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?
    筋肉痛の様な痛みは出現しますが、強力な鎮痛剤を使用しますので、日常生活は翌日から普通におくれます。デスクワークなどは術後2〜3日より復帰可能です。腕をよく使う仕事の方は1週間程度お休みがあると安心です。
  • [乳房吊上術] 運動はいつからできますか?
    激しい運動は1カ月ほど控えていただいております。
  • [乳房吊上術] 手術は痛いですか?
    基本的に全身麻酔と硬膜外麻酔の併用で行っておりますので、術中痛みを感じることはありません。
  • [乳房吊上術] 傷は目立ちますか?
    当院では、傷跡は最小限とするために、皮膚縫合を丁寧に形成外科的におこない、抜糸後は専用テープを用いてメンテナンスを行います。乳輪周囲にギャザーと言われる余剰皮膚の辺縁がしわになりますが、これも経過とともに目立ちにくくなります。ただし、乳房全体の形態を整える手術なので、程度にもよりますが、傷の範囲はやや大きくなります。大きなものを小さくする手術は縫合部に緊張がかかりますので、傷が成熟するまでの時間もやや長く要することが通常です。
  • [乳房吊上術] 授乳に影響しますか?
    当院では乳頭から乳腺へのつながりを温存して手術を行うため、不必要に乳腺組織を損傷することはありません。乳腺組織の減量が必要な場合、乳腺下部などの末梢組織から減量しますので、授乳は可能です。授乳には影響はありませんのでご安心ください。
乳房吊上術について詳しく見る

お問い合わせ・カウンセリング予約はこちら

電話問い合わせ 電話問い合わせ 受付:全国共通10:00~19:00

医師・看護師・受付の採用情報はこちら

【募集地区】 ■美容外科医:全店舗(出張可能な方) ■美容皮膚科医:京都・松山・高知・安城 ■看護師:大阪・姫路・松山・高知・那覇・安城・京都 ■受付:大阪・松山・高知・那覇・京都

06-6347-1231 06-6347-1231 受付:全国共通10:00~19:00

当院は、「医療広告ガイドライン」に従い、医師監修のもと掲載しています。

医療機関ホームページガイドラインの対応について当院は、2018年6月に厚生労働省にて改定された医療広告ガイドラインに従いホームページを修正しております。
患者様には、ご不便をおかけ致しますがご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
今後も美容整形外科クリニックとして、厚生労働省指針の医療広告ガイドラインを浸透させるべく、率先して注意していく所存です。
(医療広告ガイドライン:|厚生労働省)

お近くの医院を選んでください。